読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

「勉強していない」…森会長が小池知事を批判

 2020年東京五輪パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長は14日、さいたま市内のホテルで開かれた自民党埼玉県連の会合で講演し、五輪会場の見直しを進める小池百合子東京都知事について、「勉強も研究もしていない」と批判した。

 森会長は、ボート、カヌー・スプリント会場で、都政改革本部の調査チームが変更先の候補に挙げた宮城県長沼ボート場(登米市)などについても、過去に検討してきたことを明らかにし、「時間をかけて、どこが一番いいか、お金がかからないか、色んなことをやって海の森(水上競技場)に決めた」と説明。そのうえで、「今までの約束事をご存じない方が、ガチャッと壊したようなもの」と述べた。

2016年11月15日 08時04分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

「約束ご存じない方が壊した」森会長、小池都知事を批判

 2020年東京五輪パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長は14日、さいたま市内で講演し、競技会場見直しについて「アスリートファーストでまとめたものをきちっとやってきた。スポーツやオリンピック、今までの約束事をご存じのない方が来てガチャッと壊した」と小池百合子東京都知事を批判した。

 小池氏が当選後、経費削減を掲げて開催計画の見直しを提案した点について「その前に私は全部やっている。(既存の施設を使うなどして)約2千億円縮減した」などと主張。「組織委員会は無責任な団体だとか、好きなことをおっしゃっている」と不満をぶちまけた。また、ボート・カヌー会場を巡る動きを「(小池氏が)何も勉強しないで、かわいそうに(宮城県の)村井嘉浩知事は踊らされちゃった」と皮肉った。自民党埼玉県連が開いた会合で講演した。(平井恵美)

2016年11月15日02時14分    朝日新聞デジタル