読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

措置入院、退院後の支援強化…相模原事件報告案

f:id:obaco:20161112171724j:image

 神奈川県相模原市知的障害者施設で起きた殺傷事件を検証している厚生労働省などの有識者検討会がまとめた最終報告案が、同省関係者への取材で明らかになった。

  犯行を予告し、措置入院となった容疑者が退院後、事件を起こしたとして逮捕されたことから、退院後の支援強化を再発防止策の柱に位置づけた。支援の計画作りや実施は自治体が主体になるなど、自治体や病院の役割を明確化した。報告案は14日に開かれる第8回会合で最終的な議論が行われる。

 検討会は今年8月、事件の検証と再発防止策を作る目的で設置され、座長の山本輝之・成城大教授ら有識者9人と同省、警察庁など関係省庁の職員で構成。

 翌9月に公表した中間とりまとめでは、入院中や退院後にかけて、相模原市と、同市内の北里大学東病院の支援や治療が「不十分だった」と指摘した。
2016年11月12日 16時39分    Copyright © The Yomiuri Shimbun