今日のニュース

気になったニュース

ロス近郊で発砲、大統領選の投票所を変更

f:id:obaco:20161109143803j:image

8日、ロサンゼルス近郊の投票所付近で発生した発砲事件の現場付近に集まった捜査車両(ロイター)

 【ワシントン=田原徳容】米カリフォルニア州ロサンゼルス近郊アズサで8日午後(日本時間9日午前)、発砲があり、地元警察によると1人が死亡、少なくとも3人が負傷した。

 現場はロスの北東約40キロの住宅地。現場近くの学校では大統領選の投票が行われていたが、発砲を受けて別の場所に変更したという。地元メディアによると、死傷者の一人は投票に行く途中だったとみられる。

 警察の説明では、犯人は戦闘服姿で、駆けつけた警官らとの間で銃撃戦となった。犯人が入り込んだ住宅を警察が取り囲んでいるという。

2016年11月09日 11時56分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

 

投票所近くで銃撃、1人死亡3人負傷 カリフォルニア州

 米カリフォルニア州南部アズサに設置された大統領選の投票所近くで8日、銃撃事件があり、1人が死亡、3人が負傷した。武装した容疑者が自動小銃で無差別に発砲したという。地元紙によると、被害者の1人は大統領選の投票に行く途中だった。容疑者は複数との情報もあるが、選挙との関連性は不明という。

 事件は同日午後2時(日本時間9日午前7時)ごろ、住宅街で発生。目撃者によると、武装した男が投票所近くにいた人々に10発ほど発砲。その後、住宅に立てこもったという。

 事件を受け、投票所や小学校、福祉施設などが閉鎖され、住民が避難した。(サンディエゴ=平山亜理)

2016年11月9日10時54分    朝日新聞デジタル