読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

「娘の2年間むちゃくちゃに」 監禁被害少女の母が訴え

社会 裁判

 埼玉県朝霞市で少女(15)を誘拐し、2年余り監禁したなどとして、未成年者誘拐や監禁致傷などの罪に問われた大学生、寺内樺風(かぶ)被告(24)=東京都中野区東中野=の公判が2日、さいたま地裁(松原里美裁判長)であった。少女の母親が検察側の証人として出廷し「娘の2年間をむちゃくちゃにした」と訴えた。

 母親は「(少女が)社会復帰できる日が本当に来るのか、家族以外の人を信用できるようになるのか」と不安を述べ「なぜ娘だったのか」と声を詰まらせた。寺内被告に対しては「あなたと過ごす2年間じゃなかった。二度と娘の前に現れないでください」と話し「できる限りの厳罰に」と求めた。

 母親によると、少女は現在、中学での学習内容を自宅で学んでいる。中学の卒業アルバムに同級生の2、3年生時の写真が載るなか、自身は1年生の時の写真なのを見て悲しがっていたという。監禁されていた「千葉」や「中野」といった単語には拒否反応を示すという。

 起訴状などによると、寺内被告は2014年3月、少女を車に乗せて誘拐。約2年間にわたって、千葉市や東京都中野区の自宅アパートで監禁し、少女に重度の心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負わせたとされる。初公判で寺内被告は誘拐などについては認めたものの、監禁致傷については「2年間にわたって監視していた意識はない」と述べた。(小笠原一樹

2016年11月2日11時46分    朝日新聞デジタル

 

 

朝霞誘拐、少女の母証言「社会復帰できるのか」

 埼玉県朝霞市の少女(15)が誘拐され、今年3月に2年ぶりに保護された事件で、未成年者誘拐と監禁致傷などの罪に問われた東京都中野区東中野、寺内樺風かぶ被告(24)の第2回公判が2日、さいたま地裁(松原里美裁判長)であり、検察側証人として出廷した少女の母親が「娘が失った2年間はあなたと過ごすための2年間ではない。どんなに長くてつらかったか、かわいそう」と話した。


 母親の証言によると、少女は保護されて以降、微熱が続いて物事に集中できず、母親が頭をなでるとフラッシュバックで手を払いのけることもあった。一人で寝ることや入浴、外出ができず、被害に遭う前と同じ生活ができないという。

 母親は「娘が社会復帰できるのか、家族以外の人を信用できる日が来るのか心配だ」と話し、寺内被告に対して「(自分がやったことを)理解できていないのが悔しい」と訴えた。

 証人尋問は、母親の姿が傍聴席から見えないよう、ついたてを設置して行われた。寺内被告は眉間にしわを寄せ、落ち着かない様子で頭を動かし、証言を聞いていた。

2016年11月02日 12時22分    Copyright © The Yomiuri Shimbun