読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

新国立競技場「被災地木材で」…隈研吾氏が意向

f:id:obaco:20161029091049j:image

新国立競技場のVIPラウンジ。障子と格子を使い、日本らしさを表現した(JSC提供)

 2020年東京五輪パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場について、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)は28日、新たな完成イメージ図11点を公表した。

 コンコースに行灯あんどんの照明を付けたり、VIPラウンジに障子と格子を使ったりするなど、日本らしさをアピールするデザインとなっている。

 JSCで記者会見した設計者の建築家、隈研吾氏は「復興の地区の木材を使いたいという思いで進めている」と語り、東日本大震災の被災地の木材を使用する意向を明らかにした。木材の多用を特色とする同競技場は、12月から本体工事が始まる。

2016年10月28日 22時49分    Copyright © The Yomiuri Shimbun