今日のニュース

気になったニュース

大阪男児不明「遺体は海に捨てた」 詐欺容疑で逮捕の父親が供述

 堺市北区の梶本樹李(たつき)ちゃん(4つ)が約三年前から所在不明になっていることが捜査関係者への取材で分かった。大阪府警は二十五日までに、樹李ちゃんの児童手当など約三十六万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで父親の鉄筋工、卓容疑者(35)と母親の無職千穂容疑者(32)=ともに堺市北区常磐町三=を逮捕した。樹李ちゃんの所在についても事情を聴いている。
 捜査関係者によると、樹李ちゃんは両容疑者の長男。二人は容疑を否認し、卓容疑者は「階段から落ちて死んだ。遺体は海に捨てた」と供述。その後「どこにいるか今は言えない」と話すなど供述は変遷しており、府警は慎重に裏付けを進める。千穂容疑者は「昨年のクリスマスごろに夫がどこかに連れて行って分からない」と話している。

 樹李ちゃんは二〇一三年十二月に乳児院から両親の元に引き取られて以降、行政機関の家庭訪問などで所在が確認されていない。両容疑者は三歳児健診を再三先延ばしして受けさせておらず、府警は発覚を免れる狙いがあったとみている。

 両容疑者のおいも一二年、大阪府富田林市で生後間もない頃から行方が分からないことが発覚。府警は、生活保護費の詐取容疑で両容疑者ら親族四人を逮捕して捜索したが、見つかっていない。
 堺市などによると、樹李ちゃんは一二年一月に出生。両容疑者は一三年十二月、預けていた府内の乳児院から樹李ちゃんを引き取り、一四年一月から同府松原市の住宅で同居を始めた。同十月、市職員が自宅を訪問した際、樹李ちゃんは確認されず、千穂容疑者は「親族が預かっている」と説明した。
 松原市は昨年七月、三歳児を対象とした健康診断を案内したが、同十二月まで六回にわたり、両容疑者から受診の延期を求める連絡があった。
 両容疑者は昨年十二月、堺市に転居。堺市は家庭訪問で安否が確認できず今年五月、北堺署に連絡した。府警も今年九~十月、松原市の住宅と堺市のマンションを捜索、医療関係の書類などを押収したが確認できなかった。

2016年10月26日    東京新聞  朝刊