読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

西之島、海鳥が飛来…噴火後初の上陸調査で確認

自然・環境

f:id:obaco:20161025235636j:image

西之島で溶岩に覆われずに残った場所で営巣するアオツラカツオドリ(20日撮影、環境省提供)

 2013年から約2年噴火が続いた小笠原諸島西之島(東京都小笠原村)で行われた噴火後初の上陸調査で、カツオドリなど少なくとも3種類の海鳥が飛来していることが確認された。

 東京大などによる調査団が25日、明らかにした。環境省などは今後も調査を続ける方針だ。

 調査した専門家は「噴火によってほぼゼロの状態になった生態系の現状を知ることができた。今後、どのような進化を遂げるのか楽しみだ」と話している。

 f:id:obaco:20161025235947j:image

 西之島の冷えて固まった溶岩の上で羽を休めるカツオドリの幼鳥。足元の白い部分はふんの跡(20日撮影、環境省提供)

 調査は20、21日に、噴火で12倍の広さに拡大した西之島(268ヘクタール)の西側海岸で実施。火山学や生態学などの専門家ら7人が船で島に近づき、外来種を持ち込まないよう沖合約30メートルからは泳いで上陸した。

2016年10月25日 21時53分    Copyright © The Yomiuri Shimbun