読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

国際水連事務総長、小池知事に「現行通り」要望

社会 東京五輪

f:id:obaco:20161025133330j:image

国際水泳連盟のマルクレスク事務総長(左)に東京五輪パラリンピックのピンバッチをつける小池都知事(25日午前、東京都庁で)=三浦邦彦撮影
 2020年東京五輪パラリンピックの水泳会場について、国際水泳連盟(FINA)のコーネル・マルクレスク事務総長は25日、会場見直しを検討している東京都の小池百合子知事と会談し、現行通り「オリンピックアクアティクスセンター」(江東区)を新設するよう要望した。

 小池知事は月内にも、会場見直しについて都としての判断を示す予定。

 マルクレスク事務総長はこの日、日本水泳連盟青木剛会長らと都庁を訪問。「五輪のためではなく、東京で今後開かれる国際大会のためにも必要だ」とアクアの整備を求め、「水泳は日本では生涯スポーツとしても知られ、ニーズが高いのは間違いない」と強調した。コスト削減について「FINAの技術部門も協力したい」とも申し出た。小池知事は「大会後の維持管理費がどうあるべきか見極め、研究している」と応じるにとどめた。
2016年10月25日 12時08分    Copyright © The Yomiuri Shimbun