今日のニュース

気になったニュース

高校成績「4」以上→月3万円 給付型奨学金の自民案

 自民党は、返済する必要がない給付型奨学金について、原則として高校時の成績が5段階評定で平均4以上であることを条件に、月3万円を給付する方向で文部科学省と調整を始めた。対象者は7万5千人程度になると見込んでおり、年300億円近くが必要になるとみている。具体的な制度案について、来週にも取りまとめる。

 給付型奨学金については、文科省が住民税の非課税世帯などの大学生らを対象に、一定の成績基準を設けることを検討。2018年度の入学生から導入する考えだが、自民党は前倒しして17年度からを主張している。

 返済が必要な無利子の奨学金の場合、平均評定が4以上の学生が1万6千人いる。自民党ではこれを基に、評定に加えて高校からの推薦枠を含め、1学年あたり2万5千人程度が給付型奨学金の該当者になると試算。3年後にはこれが7万5千人になることから、300億円近くが必要だと判断した。

 財源については、初年度は文科省予算の中で組み替えるなどして捻出し、翌年度以降に膨らむ分については特定扶養控除の廃止に伴って浮く財源を充てることを検討している。

2016年10月21日06時26分    朝日新聞デジタル