読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

IOC会長、会場見直しで作業部会を提案 小池知事と会談

f:id:obaco:20161018172951j:image

う会談を前に握手するIOCのバッハ会長(右)と東京都の小池知事(18日午後、都庁)

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と東京都の小池百合子知事は18日午後、東京都庁で会談した。小池知事は冒頭の挨拶で、「2020年は東京の番だという思いを強くしている。知事として、私は責任を持って進めたいと思っている」と述べた。
 バッハ会長は「東京大会は素晴らしいものになると確信している。知事と私たちは『同じ船』に乗っている。今後とも緊密に協力したい」と応じた。

 会見にはIOCのコーツ副会長や、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長らが同席した。

 五輪調査チームが提案したボート・カヌーなど3つの競技会場の見直しについて、小池知事は「現在検討中で、今月中に都としての結論を出したい」とバッハ会長に伝達。「レガシー(遺産)が十分なのか、コスト、『復興五輪』に資しているのかがポイント」と指摘し、「五輪という世界の祭典がこれからも続くこと、東京がその責任を負っていることをベースに考えていきたい」と強調した。

 IOCのバッハ会長は小池百合子都知事との会談で、コスト見直しに関して都、組織委、政府、IOCの4者による作業部会を設置することを提案した。

 小池知事は「4者の会議は国民に見えるよう、情報公開を徹底した形でやっていければよい」とバッハ会長の提案に応じ、「大会まで時間が迫っている。是非来月でもその会議が開けないか、私の方から逆に提案したい」と呼び掛けた。

2016/10/18 15:02    日経新聞