今日のニュース

気になったニュース

かわいそうなだけの子でない/青森中学生自殺 遺族が写真、氏名公表

f:id:obaco:20161018213218j:image

写真コンテストで一時は最高賞が内定した写真。中心に写る少女が亡くなった葛西りまさん(遺族提供、画像の一部を加工しています)

 真っ赤に開く傘を背に、笑顔がはじける津軽手踊りの少女-。今夏の黒石よされ写真コンテストで、最高賞の黒石市長賞に内定していた作品だ。撮影された10日後に自殺した青森市の浪岡中学校2年の女子生徒(13)だと審査後に判明し、主催した黒石よされ実行委員会が一転、内定を取り消していた。遺族は17日、撮影者から提供を受けていた作品を本紙に公開。また、氏名を葛西りまさんと公表した。
 写真は8月15日、黒石市の日本三大流し踊り・黒石よされで、青森市の写真愛好家の男性が偶然、撮影。男性は「表情の明るさ、漂う熱気、精いっぱい楽しむ姿にひかれた」という。

 りまさんは幼少期から手踊りをたしなみ、小学6年で仲間と日本一に。だが、今年の全国大会が近づいていた同25日、命を絶った。遺書には「また皆で優勝したかったけど、行けなくてごめんなさい」とあった。

 本番の舞台は、りまさんの祖父(60)が周囲の希望もあって三味線を伴奏。日本一に輝いた。舞台袖には、りまさんの扇子や傘、衣装が飾られていた。
 「娘は手踊りが好きで、仲間と幸せな時間を過ごしてきた。写真のような笑顔が本来の表情。かわいそうなだけの子どもではない」と父親(38)。写真と氏名を公表した理由を、「いじめをなくしたいという訴えの力になると信じている」と語った。

東奥日報社     10月18日(火)11時1分

 

 

いじめ訴え死亡の中2が写る作品、授賞中止 遺族は公開

 いじめを訴える文書をスマートフォンに残し、電車にはねられて8月に死亡した青森市の中学2年の女子生徒(当時13歳)の遺族が18日、女子生徒の氏名と写真を公開した。遺族は「娘の笑顔を世間に知ってもらい、いじめをなくしたい」と話している。

 亡くなった生徒は葛西りまさん。写真は、りまさんが亡くなる10日前の8月15日、青森県黒石市で開かれた祭りで撮影された。父親の剛(ごう)さん(38)は撮影者からデータの提供を受け、公開の許可も得たとして「いつも笑顔だった娘が、いじめによって残酷な結果になってしまう恐ろしさを、少しでも知ってほしい」と公表の理由を話している。

 写真を巡っては、今月11日、祭りの写真コンテストの事務局となった黒石観光協会が、いったん最高賞の黒石市長賞に選んだ。その後、写っていたのがりまさんだと知り、遺族の了解を取ったうえで、市長賞の授賞を決めた。だが、13日に「亡くなった人を審査対象にするべきではない」などの指摘を受けて再協議し、一転して授賞を取りやめた。

 黒石観光協会は「祭りを盛り上げる狙いを考えると違和感があった」と説明している。高樋憲・黒石市長らが19日に経緯を説明する予定だ。

     ◇

 朝日新聞はこれまで、女子生徒を匿名で報じてきましたが、遺族が生徒の名前と写真を公表したことから、実名での報道に切り替えます。

2016年10月18日21時47分    朝日新聞デジタル