今日のニュース

気になったニュース

ネットやTVで話題、「怖すぎる滑り台」が再開

f:id:obaco:20161015083827j:image

使用禁止のテープを外す市職員(今治市で)

 「怖すぎる滑り台」としてインターネットで話題になったため、使用を禁止していた大型滑り台について、愛媛県今治市は14日、注意喚起の看板などを設置したうえで再開した。

 スピードが出すぎて危険な様子を撮影した動画が複数投稿されていたが、市はルールを守れば安全性に問題はないと判断。「子供の手本になる行動を」と呼びかけている。

 同市朝倉下の「朝倉緑のふるさと公園」にあり、旧朝倉村が1991年に設置した。市公園緑地課によると、長さ約70メートルで平均傾斜は27度。やや急だが、遊具メーカーでつくる「日本公園施設業協会」の安全基準を満たしているという。

 地元では普通に滑ると摩擦が大きく「なかなか滑らない」として有名といい、過去に目立った事故の報告はなかったが、テレビで「日本一危険」と紹介された。雨が降っている時などに勢いよく滑って転げる動画がネット上に投稿され、短文投稿サイト「ツイッター」などで拡散。「怖すぎる」「設計ミスでは」などの声が上がっていた。

 指摘を受けた市は、公園の利用者が巻き込まれる可能性があるとして、9月23日に使用禁止にした。歩道と滑り台の間に生け垣を設けたほか、「ぬれている時には滑らない」などと注意を促す看板計6枚を設置するなどの対策を実施。この日は職員が実際に滑り、安全を確認して再開した。

 市には動画を見た人から「再開していいのか」という意見も寄せられているという。同課の八木竜也課長補佐は「ルールを守って安全に利用してほしい」と話している。 (林興希)

2016年10月15日 06時15分    Copyright © The Yomiuri Shimbun