今日のニュース

気になったニュース

サムスン、5500億円減益予想…発火事故で

 【ソウル=宮崎健雄】韓国サムスン電子は14日、新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」の販売・生産打ち切りを受け、2016年10~12月期と17年1~3月期の連結営業利益が計3兆ウォン台半ば(3000億円超)程度、押し下げられるとの見通しを発表した。

 同社は11日、相次ぐ発火事故を受けて同機種の生産と販売を打ち切ることを決め、12日に16年7~9月期の営業利益を2・6兆ウォン(約2400億円)下方修正している。これを合わせると、生産・販売の打ち切りが営業利益に与えるマイナスの影響は、約6兆ウォン(5500億円)規模に達する。

 サムスン電子は声明で、製品の安全性を強化するため、品質点検の過程を全面的に見直す方針を示した。

2016年10月14日 14時07分    Copyright © The Yomiuri Shimbun