今日のニュース

気になったニュース

35年以上経過のケーブル、東電管内に1千キロ

f:id:obaco:20161013164337j:image

送電ケーブル火災の現場を調べる消防署員ら(13日午前10時42分、埼玉県新座市で、読売ヘリから)=中村光一撮影

 都心部で最大59万戸に上る大規模停電を引き起こした埼玉県新座市の地下送電ケーブルの火災で、東京電力管内では、出火したものと同じタイプのケーブルの3分の2が設置から35年以上経過しており、その総延長は約1000キロ・メートルに上ることが分かった。

 出火原因はケーブルの劣化による漏電とみられており、東京電力は13日、緊急の設備点検を実施する方針を示した。

 東電によると、出火した送電ケーブルは「OFケーブル」と呼ばれるタイプで、直径13センチ。電気が通る銅製の導体(電線)が通り、その内側に絶縁のための油が流れるパイプがある。電線の外側にはパイプからしみ出た油を含んだ紙(絶縁紙)が何重にも巻かれ、漏電を防ぐ構造になっているが、東電は12日の記者会見で、「(経年劣化により)絶縁紙にひびが入るなどして、高圧の電流が漏れて火花が発生。油に引火して燃え広がった可能性がある」と説明していた。

2016年10月13日 16時10分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

 

火災ケーブル、35年交換せず=経年劣化か、因果関係調査―都内の大規模停電・東電

 東京都内の約58万6000戸に影響が出た大規模停電で、原因とみられる火災が発生した埼玉県新座市東京電力施設内のケーブルについて、東電が設置から約35年間、一度も取り換えていないことが13日、同社への取材で分かった。

 ケーブルの経年劣化が火災につながった可能性があり、埼玉県警などは同日午前、火災現場を実況見分。詳しい出火原因を調べる。

 東電によると、火災が起きた施設は都内の変電所に送電するケーブルが入った地下トンネル。ケーブルは地下約6.2メートルの地点にあり、計18本が3本ずつ六つの束になった状態で通っている。ケーブルは敷設されてから約35年が経過し、これまでに交換された記録はないという。

 東電は停電が起きた12日の記者会見で、施設内に第三者が侵入したとは考えにくく、漏電によりケーブルから火花が飛び、絶縁用の油に引火した可能性があると説明した。

 ケーブルについては目視や打音検査などで年1回点検しているが、今年6月15日に行った直近の点検で異常は確認できなかったという。

 東電は「一律に(ケーブルの)寿命を定めておらず、必要に応じて修理や取り換えをしている」と説明。「敷設から35年たっているので、火災との因果関係を調査したい」としている。

時事通信   10月13日(木)4時46分