今日のニュース

気になったニュース

iPS移植で心機能回復=サル同士で効果確認―信州大

 サルの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った心筋細胞を、心筋梗塞を発症した別のサルに移植したところ心臓の機能が回復したと、信州大の柴祐司准教授らのグループが発表した。移植を受けたサルは一時的に不整脈が増えており、グループは副作用の研究を進める。論文は11日、英科学誌ネイチャー電子版に掲載された。

 研究グループは免疫拒絶反応が起きにくい特殊なカニクイザルと、心筋梗塞のカニクイザルを5頭ずつ用意。特殊なサルの皮膚細胞から作製したiPS細胞を心筋細胞に変化させ、心筋梗塞のサルの心臓に注射器で計10カ所注入して移植した。

 移植された心筋細胞は組織に定着し、心臓機能が5~10%ほど回復した。一方、5頭全てで4週間以内に不整脈が確認された。

 研究グループは2012年、人の胚性幹細胞(ES細胞)から作った心筋細胞を心筋梗塞のモルモットに移植し、心臓機能が回復したと発表。人からモルモットへの異種移植では拒絶反応を評価できなかった。

 柴准教授は「不整脈や腫瘍形成などの問題を解決した上で、数年以内に人への実用化を検討したい」と話している。 

時事通信    10月11日(火)0時36分