今日のニュース

気になったニュース

気付いたら人見えた…山車追突のトラック運転手

f:id:obaco:20161009012941j:image

太鼓台に追突した大型トレーラー(8日午後11時57分、観音寺市柞田町で)

 香川県観音寺市柞田くにた町の国道11号で8日夜、祭りの山車「太鼓台」(高さ約4メートル、重さ約2トン)を引く数十人の列にトレーラーが突っ込み、1人が死亡、多数の負傷者が出た事故で、運転手の大川貴之容疑者(42)が県警観音寺署の調べに「気が付いたら目の前に(太鼓台を引く)棒や人が見えた」と供述していることが、同署幹部への取材でわかった。

 負傷者は、重傷者4人を含む36人(7~51歳)となった。

 同署によると、大川容疑者は愛媛県大洲市の丸共運送で勤務し、群馬県まで木材を運ぶ途中。現場には、直前で右に急ハンドルを切ったとみられるタイヤのスリップ痕もあった。同署は前方不注視とみている。

2016年10月11日 09時36分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

山車にトレーラー追突…1人死亡20人重軽傷

 8日午後9時55分頃、香川県観音寺市柞田くにた町の国道11号で、同市内で開催中の地元の祭りに使用する山車「太鼓台」を引っ張っていた集団に、大型トレーラーが後ろから突っ込んだ。

 近くの教員、冨田規之さん(52)が死亡し、20人以上が重軽傷を負い病院に搬送された。

 県警観音寺署は、大型トレーラーを運転していた愛媛県大洲市の大川貴之容疑者(42)を、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕した。調べに対し容疑を認めており、「ぼんやりしていた」と供述しているという。

 発表によると、祭りは8、9日の日程で開催中で、事故当時、「ちょうさ」と呼ばれる太鼓台を荷台に載せて地元の倉庫にしまうため、大勢で引っ張っていたという。

 現場は見通しの良い片側1車線の直線で、交通規制はされていなかったという。現場はJR観音寺駅の南約2キロの田園地帯。太鼓台の左後方で太鼓台を見物していた男性(43)は「ものすごい音でトレーラーが突っ込んできた。友達と私は間一髪でよけたが、その後トレーラーが太鼓台に激突した。多くの人が倒れ込み、意識のない人も多数いた」と話していた。

 祭りは、五穀豊穣ほうじょうや豊漁を祈り、太鼓台を担いだ男性が街を駆け回る。観音寺市によると、市内に約120台の太鼓台がある。

2016年10月09日 01時22分    Copyright © The Yomiuri Shimbun