今日のニュース

気になったニュース

米「露政府がハッカー攻撃指示」と断定

 【ワシントン=黒見周平、モスクワ=花田吉雄】米国土安全保障省と国家情報長官室は7日、民主党全国委員会へのハッカー攻撃などについて、ロシア政府が米大統領選をかく乱する目的で指示したと断定した。

 声明で「サイバー攻撃の規模や手口などからロシア政府の指示で実行されたと信じている」と言明した。米露関係は一段と冷え込みそうだ。

 民主党全国委員会は6月、コンピューターシステムに不正な侵入を受けた。7月には党関係者のメールが内部告発サイト「ウィキリークス」などに流出した。

 米メディアは、米連邦捜査局FBI)の捜査でロシアの関与が疑われると報じていたが、米政府が公式に認めるのは極めて異例だ。

 これに対し、ロシアのペスコフ大統領報道官は7日、インターファクス通信に対し、「ばかげている」と関与を否定。「プーチン大統領のサイトは毎日のように米国内からハッカー攻撃を受けているが、ロシア側がその都度ホワイトハウスを非難などしていない」と反発している。

2016年10月08日 12時05分    Copyright © The Yomiuri Shimbun