読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

阿蘇山が爆発的噴火、入山を規制

f:id:obaco:20161008125550j:image

爆発的噴火を起こし、噴煙を上げる阿蘇中岳第1火口(8日午前8時8分、読売ヘリから)=中司雅信撮影

 8日午前1時46分頃、熊本県阿蘇山の中岳(標高1506メートル)の第1火口で爆発的噴火が発生した。

 気象庁は5段階に分かれている噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げ、火口から約2キロの範囲で大きな噴石や火砕流への警戒を呼び掛けている。

 熊本県阿蘇市には「トタン屋根に穴が開いた」「ビニールハウスに灰が積もって壊れた」などの情報が複数寄せられているが、8日午前11時現在、噴火によるけが人は確認されていない。

 f:id:obaco:20161008125650j:image

阿蘇中岳第1火口の爆発的噴火で火山灰が積もった車(8日午前6時18分、熊本県阿蘇市で)=秋月正樹撮影

  同庁によると、阿蘇山での爆発的噴火は1980年1月26日以来、36年ぶり。噴煙は高さ約1万1000メートルまで上がり、火口付近に設置したカメラでは、広範囲に噴石が飛散した様子が確認された。

 同庁の斎藤誠・火山課長は8日未明の記者会見で「(噴煙の高さが)1万メートルを超える噴火は非常に珍しい。阿蘇山は不安定な状態で、今後も同じ規模の噴火が起こる可能性がある」と述べた。今年4月の熊本地震との関連は不明という。

 噴火に伴い、熊本県阿蘇村では震度2の揺れを観測した。広い範囲で火山灰が降ったことが確認され、同庁は熊本、大分から四国、兵庫の10県124市町村に降灰予報を発表した。健康への影響が心配されることから、マスクの着用を呼び掛けている。

 阿蘇山では昨年9月に火砕流を伴う噴火が発生。噴火警戒レベルが3になったが、その後、同年11月にレベル2に戻っていた。

2016年10月08日 11時43分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

 

阿蘇山、中岳第1火口で爆発的噴火 兵庫まで広く降灰か

f:id:obaco:20161008083713j:image

阿蘇山の噴火で灰が降り、車や地面に積もっていた=8日午前4時24分、熊本県阿蘇市、福岡亜純撮影

 気象庁は、8日午前1時46分ごろに熊本県阿蘇山の中岳第1火口で爆発的噴火が発生したと発表した。火口から1キロを超えて大きな噴石が飛ぶ恐れがあるとして、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げた。火山活動は不安定な状態が続いており、火口から約2キロの範囲で大きな噴石が飛ぶ可能性があるとして警戒を呼びかけている。
 気象庁によると、中岳第1火口での爆発的噴火は1980年1月26日以来、36年ぶり。また、阿蘇山のレベル3への引き上げは昨年9月14日以来。

 遠望カメラでは噴煙は確認できなかったが、火口の北東側8キロにある阿蘇市一の宮町で降灰が確認されたという。7日午前10時ごろから火山性微動の振幅が大きくなり、火山ガス(二酸化硫黄)が非常に多い状態が続いていた。午後9時52分には、小規模な噴火が発生していた。

 また、気象衛星で高さ1万1千メートルの噴煙を確認したという。気象庁は午前3時過ぎに降灰予報を発表。火口から北東方向に火山灰が流されるとみている。8日午前8時までに多いところで熊本、大分、山口、広島、岡山、兵庫、香川、愛媛、高知、徳島の各県で降灰があると予想している。

 8日に気象庁で会見した斎藤誠火山課長は「噴煙1万メートルは非常に珍しい」と話す。火山性微動の振幅が大きくなったり小さくなったりと不安定な状態が続いており、「同程度の噴火が起きる可能性もある」と注意を促す。

2016年10月8日05時39分    朝日新聞デジタル

 

 

阿蘇山が噴火…気象庁、噴石などへ警戒呼び掛け

s2016年10月8日05時39分 8日午前1時46分、熊本県阿蘇山中岳(標高1506メートル)の第1火口で爆発的噴火が発生した。

 気象庁によると、噴煙は海抜約1万1000メートルの上空まで上がった。同庁は噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げた。

 阿蘇山中岳第1火口で爆発的噴火が起きたのは、1980年1月26日以来。阿蘇山では昨年9月にも噴火があったが、噴煙の高さは約2000メートルだった。

 同庁が火口付近に設置した熱カメラでは今回、火口から広範囲に噴石が飛散した様子が確認された。飛距離は1キロ以上とみられる。同庁は今後、火口から約2キロの範囲では、大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼び掛けている。

 同庁によると、火口の北東約8キロ先の阿蘇市一の宮町では、火山灰が降ったことが確認された。火口から北東方向に火山灰が上空を漂い、8日午前8時までに、熊本県を中心に多量の火山灰が降る恐れがあるほか、兵庫県南あわじ市でも降灰が予想されている。降灰する地域では、視界が悪くなったり、吸い込むと具合が悪くなったりする可能性がある。

 気象庁斎藤誠・火山課長は8日午前4時に開いた記者会見で「(噴煙の高さが)1万メートルを超える噴火は非常に珍しい。熊本地震との関連はわからない」と話した。

2016年10月08日 05時43分    Copyright © The Yomiuri Shimbun