今日のニュース

気になったニュース

「鳥獣戯画」順番入れ替わり…はけの跡で判明

f:id:obaco:20161004075436j:image

連続する場面とわかった甲巻の23枚目(右)と11枚目(「鳥獣戯画 修理から見えてきた世界」より)

 京都市右京区高山寺こうさんじに伝わり、漫画のルーツとされる国宝「鳥獣人物戯画」(平安~鎌倉期、甲乙丙丁の4巻)の甲巻は、制作当時とは絵の順番が入れ替わっていることが、修復にあたった京都国立博物館京都市)の調査でわかった。

 同館が修理報告書「鳥獣戯画 修理から見えてきた世界」で明らかにした。

 f:id:obaco:20161004075640j:image

現在の甲巻の10枚目(右)と11枚目(「鳥獣戯画 修理から見えてきた世界」より)

 現在の甲巻は絵に連続性のない部分があり、従来入れ替わりが指摘されていた。和紙に残る制作時の痕跡が、本来の姿を解き明かす手がかりになった。

 報告書によると、甲巻(長さ約11メートル)は23枚の和紙をつなげた構成。2009年からの修復で、和紙を光で透かして紙の特徴を見る調査をしたところ、現在の23枚目と11枚目は、和紙を作る工程で付いたはけの筋跡がつながり、もともと同じ紙だったことが判明した。当初は1枚だったものが切り離され、順番も入れ替わったとみられる。切断された時期などは不明という。

2016年10月03日 22時31分    Copyright © The Yomiuri Shimbun