今日のニュース

気になったニュース

台風16号、20日に西日本上陸の恐れ 各地で大雨

f:id:obaco:20160919064408j:image

大粒の雨が降る中、博多駅へ向かう人たち=18日午後6時56分、福岡市博多区、久松弘樹撮影

 非常に強い台風16号は18日、沖縄県与那国島の北を北東に進んだ。20日にかけて九州をはじめ西日本に接近して上陸する恐れがあり、その後東日本に近づく見通しだ。気象庁は、暴風や高波、大雨への警戒を呼びかけている。

 19日午前0時現在では、時速15キロの速さで東北東に進んでいる。中心気圧は945ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。東シナ海を進み、19日昼には鹿児島県枕崎市の西南西約350キロ、20日夜には和歌山県潮岬の西北西約60キロに達する見通しだ。

 台風接近や停滞する前線の影響で19日夕までの24時間雨量は、多いところで九州南部、近畿で150ミリ、四国、九州北部、奄美で120ミリと予想されている。20日夕までの24時間では、九州南部の多いところでは200~300ミリの大雨となる恐れがある。(小川崇)

2016年9月19日01時12分    朝日新聞デジタル

 

 

西日本で局地的大雨…兵庫で75歳が行方不明

 前線を伴う低気圧などの影響で大気が不安定になり、西日本は18日、局地的な大雨になった。

 広島県では広島市海田町内などで計12棟が床上・床下浸水。広島市では午後11時現在、2年前に土砂災害に見舞われた安佐南区安佐北区の計約4000人に避難指示、市内計約15万6500人に避難勧告を出している。京都市も午後7時過ぎ、右京区水尾地区の47人に避難指示を出した。

 兵庫県姫路市延末では18日午後3時40分頃、同市内の男性(75)が増水した川に転落し、行方がわからなくなった。県警飾磨署によると、川の水量調節のため水門を操作していた際、足を滑らせたとみられる。

2016年09月18日 23時25分    Copyright © The Yomiuri Shimbun