今日のニュース

気になったニュース

ぜんそくなど重症アレルギー発症の仕組みを解明 千葉大

 ぜんそくなど難治性アレルギー疾患の発症の鍵となるたんぱく質を見つけ、発症の仕組みを解明したと千葉大の研究グループが発表した。発症を抑える治療薬の開発につなげたいとしている。論文が16日付米学術誌サイエンス・イムノロジー(電子版)に掲載される。

 アレルギー疾患は、病原性の免疫細胞が血管から外に出て、肺などの組織に到達することで発症する。

 研究グループは、病原性の免疫細胞が血管から外に出るのを手伝うたんぱく質を発見。このたんぱく質は炎症に伴って血小板から放出され、血管の内側に集まって付着し、そこを足場に病原性の免疫細胞が血管から外に出ていることがわかったという。

 さらに、このたんぱく質と病原性の免疫細胞がくっつくことを防ぐ抗体をつくり、ぜんそくのマウスに投与したところ、ぜんそくを起こさなくなったという。

 企業との共同研究で、人に使える抗体を作製。実用化を目指して研究を進めている。研究代表者の中山俊憲・千葉大教授(免疫発生学)は「難治性の呼吸器疾患の完治につながる可能性もある」と話す。

2016年9月17日06時27分    朝日新聞デジタル