今日のニュース

気になったニュース

稲田防衛相は1億8178万円…新閣僚資産公開

 政府は16日、今年8月に発足した第3次安倍再改造内閣で新たに就任した閣僚10人の就任時の資産(生計をともにする家族分を含む)を公開した。

 10人の平均資産額は8512万円で、公開済みの安倍首相と留任閣僚を含めた20人の平均資産額は9679万円だった。

 新閣僚のうち、最多は稲田防衛相の1億8178万円だった。全閣僚の中でも、麻生副総理・財務相(4億9127万円)に続き、2番目に多かった。稲田氏は、自身と夫が東京都港区や文京区に保有する土地などの資産が大きかった。夫婦あわせて3億円近くの借入金もあった。

 山本農相は1億7643万円で、稲田氏に次いで全体で3位。預金や有価証券、東京都渋谷区の不動産などが中心だった。山本氏は16日の閣議後の記者会見で、「両親が残した資産で、自分で資産形成したものはそう多くない」と述べた。

2016年09月16日 20時30分    Copyright © The Yomiuri Shimbun