今日のニュース

気になったニュース

マンションに転落寸前の子が…おじいちゃん3人の救出劇

f:id:obaco:20160916164009j:image

男児が救出されたマンションと当時の状況

 神戸市兵庫区の14階建てマンションで8月、小学5年生の男児が11階から転落しそうになった。力をあわせて救出したのは、住人のおじいちゃん3人だった。

 ドン、ドン、ドン。8月9日午後2時ごろ、10階の古川潤一郎さん(83)は玄関ドアをたたく音で外に出た。目に飛び込んできたのは、上の11階からバンザイをした状態でぶら下がる男児の姿。高さ約30メートル。別の住人が異変を知らせた。

 11階では男児の両腕を柵の下の隙間から友だち2人が必死で引っ張っていた。だが、限界に近い……。

 古川さんは自室にあった登山用ロープを持ち出すと、目の前にぶら下がる男児の両足首に結び付け、もう一方の端を柱に固定した。同じ10階に暮らす魏三鎖(ぎさんさ)さん(73)も駆け付け、男児の足を下から支えた。

 「落ちる」「死んでしまう」と男児が悲鳴を上げ、「手を離すな」と友だちらが叫んでいた。12階の山際正博さん(69)も騒ぎに気づき、脚立を持って10階に駆け下りた。

 ログイン前の続き脚立にのぼり、男児の体を右手で抱き寄せた。11階の友人2人に「手を離せ」と叫ぶ。それを合図に、古川さんと魏さんの2人で男児の両足を引っ張った。

 3人と男児は10階の共用廊下に倒れ込んだ。魏さんが擦り傷を負ったが、男児は無傷。10分ほどの救出劇だった。

 兵庫署によると、男児はマンション内で友人4人と遊んでいた。詳しい経緯は分かっていないが、共用廊下側から柵を乗り越え、柱をつたって階下に降りようとした。途中で身動きがとれなくなったらしい。

 住民3人は人命救助に貢献した人をたたえる兵庫県の「のじぎく賞」を贈られた。8月30日、兵庫署であった表彰式で、古川さんは男児が両親と謝罪に訪れたことを明かし、「『怖い思いをしたんだから、あんまり責めないように』と母親に伝えた」。山際さんは「とにかく助かって良かった。本当にそれだけ」と話した。(南有紀)

南有紀2016年9月16日16時15分    朝日新聞デジタル