今日のニュース

気になったニュース

所得格差、最大を更新…高齢者と単身世帯増加で

f:id:obaco:20160916085534j:image

 厚生労働省は15日、世帯ごとの所得格差などを示す2014年の「所得再分配調査」の結果を発表した。

  所得格差を表す「ジニ係数」は、税金などを支払う前の所得(公的年金などの給付を除く)にあたる「当初所得」で0・5704(前回比0・0168ポイント増)となり、過去最大を更新した。

 当初所得ジニ係数は、1984年から年々増加している。2014年の当初所得の平均は392・6万円で、高齢者が家計を支える世帯では95・3万円だった。所得格差が広がったことについて、厚労省は「高齢者と単身世帯の増加が要因」としている。

(ここまで255文字 / 残り127文字)
2016年09月16日 08時25分    Copyright © The Yomiuri Shimbun