今日のニュース

気になったニュース

象印元副社長ら2人強殺、二審も死刑 大阪高裁

 堺市で2011年、象印マホービン元副社長、尾崎宗秀さん(当時84)ら2人が相次いで殺害された事件で、強盗殺人罪などに問われ、一審で死刑判決を受けた西口宗宏被告(55)の控訴審の判決公判が14日、大阪高裁であった。後藤真理子裁判長は「強固な殺意に基づく冷酷非道な犯行で責任は重大」として控訴を棄却した。弁護側は即日上告した。

 判決理由で後藤裁判長は、被告は自ら立てた計画に沿って粘着テープやラップなど犯行道具を事前に準備し、想定通りに実行したと認定。「犯行は計画的で実行の意思は相当に強固」とした。

 その上で「近々まとまった金が入る」と内縁の妻についた嘘を取り繕うため犯行に及んだと指摘。「身勝手な動機で1カ月弱の間に2人の命を奪っており人命軽視の姿勢がみられる」として死刑選択は避けられないと結論付けた。

 控訴審で弁護側は「偶然に偶然が重なった成り行き任せの犯行だ」として計画性を否定。犯行時は脳の障害で心神耗弱状態だった可能性があるとして死刑回避を訴えていた。検察側は控訴棄却を求めていた。

 判決によると、西口被告は11年11月、堺市の主婦、田村武子さん(当時67)から現金約31万円を奪い殺害。同年12月には尾崎さん宅に侵入して現金約80万円やクレジットカードなどを奪い、暗証番号を聞き出すとすぐにラップを顔に巻き付けて窒息死させた。

2016/9/14 13:43    日経新聞