今日のニュース

気になったニュース

伊地震被災者を料理に例える…エブド紙を提訴

被害が出たアマトリーチェの町議会は12日、フランスの政治週刊紙「シャルリー・エブド」が地震被害を風刺したことについて、被災者を中傷する名誉毀損きそんにあたるとして、同社を地元リエティ地裁に提訴した。

 シャルリー・エブドは8月31日発売号で、地震で被災者ががれきで圧死した様子を「ラザニア」、血にまみれた男性を「トマトソースのペンネ」、傷を負った女性を「ペンネグラタン」とイタリア料理に例えた風刺画を掲載し、イタリア国内で非難を浴びた。

 アマトリーチェのピロッツィ町長は12日、地元テレビの取材に対し「シャルリー・エブドはニュースメディアとは言えない」と怒りをあらわにした。同町では、地震で200人以上が石造りの家屋の下敷きになるなどして死亡した。
2016年09月13日 12時16分   Copyright © The Yomiuri Shimbun