読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

韓国で最大規模の地震2回…全土で揺れ市民混乱

国際 地震・津波・噴火

    【ソウル=中島健太郎】韓国南部で12日夜、マグニチュード(M)5以上の地震が2回、相次いで発生した。

 韓国気象庁によると、1978年に観測を始めて以来、最も大きな規模だった。南部の蔚山ウルサンなどでは、住宅の壁が壊れるなどの被害が相次いだ。

 同庁によると、12日午後7時44分、南東部の慶尚北道キョンサンプクト・慶州キョンジュを震源とするM5・1の地震が発生。午後8時32分にも、近くを震源にM5・8の地震が発生した。首都ソウルを含む韓国全域で揺れが観測された。

 韓国で大きな地震はほとんど発生しないため、混乱する市民の姿も見られた。聯合ニュースによると、震源に近い都市では「建物が傾いた」などの通報が消防本部に殺到。住民は「アパートがひどく揺れ、調理していた鍋がひっくり返った」などと驚きの表情で語った。

2016年09月12日 23時18分   Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

 韓国南部でマグニチュード5.1の地震

12日午後8時前、韓国南部で地震があり、警察や消防が被害がないか調べています。
韓国の気象庁によりますと、日本時間の12日午後7時44分ごろ、韓国南部キョンサン(慶尚)北道のキョンジュ(慶州)付近を震源とする地震がありました。地震の規模を示すマグニチュードは5.1と推定されています。
また、アメリカのUSGS=地質調査所は、震源の深さは10キロ、マグニチュードは4.9としています。
現地の消防によりますと、揺れによって本棚から本が落ちるなどしたということですが、これまでのところ、地震による被害の報告はないとしています。
また、警察によりますと、これまでのことろ、地震による被害の報告はないものの、周辺で携帯電話が通じなくなっているということです。
一方、震源近くのホテルの従業員によると、揺れは5秒ほど続き、宿泊客から問い合わせが相次いだものの、これまでのところ被害などは出ていないということです。

9月12日 20時05分    NHKニュース