今日のニュース

気になったニュース

北朝鮮ミサイル、1千キロ飛ぶ 奥尻沖200キロに落下

f:id:obaco:20160906001505j:plain

弾道ミサイルの飛行イメージ

 北朝鮮は5日午後0時14分、朝鮮半島西側の黄海北道黄州(ファンジュ)付近から、日本海に向けてノドン中距離弾道ミサイル(射程1300キロ)3発を発射した。韓国軍合同参謀本部が発表した。同本部や防衛省によれば、3発はいずれも約1千キロ飛行し、北海道奥尻島の西200~250キロの日本海上に落下した。

 この海域は、日本が最大で周辺200カイリ(約370キロ)に設定した排他的経済水域EEZ)内で、船舶などの被害は確認されていない。

 北朝鮮の弾道ミサイル発射は、8月24日の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)以来。8月3日にもノドン1発が日本のEEZ内にあたる秋田県の西沖約250キロに落下した。今年3月に国連安全保障理事会北朝鮮への制裁を強化する決議を採択して以降、発射は20発を超える。

 核・ミサイル開発を続ける北朝鮮は今回、中国で主要20カ国・地域(G20)首脳会議が開かれている最中に国際社会との対決姿勢を示すとともに、金正恩(キムジョンウン)体制の引き締めを狙ったとみられる。

 過去の安保理決議により、北朝鮮は弾道ミサイルの発射が禁じられている。

 安倍晋三首相は5日、G20首脳会議の会合で「G20サミットで一堂に会している時に許し難い挑発行為が行われたことに対し、国際社会や国連安全保障理事会を含め、断固たる対応をとるべきである」と述べた。

 日本政府高官は今回ミサイルが1千キロ程度飛行したことについて、「杭州がちょうど1千キロの射程にぴったりおさまることを意識してのことだろう」と指摘。G20への牽制(けんせい)との見方を示した。(ソウル=牧野愛博、杭州=相原亮)

2016年9月5日20時59分 朝日新聞デジタル

 

 

北朝鮮ミサイル3発、奥尻島沖200キロに落下 防衛省、1000キロ飛行

f:id:obaco:20160905170717j:plain

 防衛省は5日、北朝鮮が同日午後0時13分ごろに同国西岸の黄州(ファンジュ)付近から東北東方向の日本海に向け弾道ミサイル3発を発射したもようだと発表した。いずれも約1千キロメートル飛行し、日本の排他的経済水域EEZ)内に当たる北海道奥尻島の西200~250キロメートルの海域に落下したと推定される。

 防衛省によると、日本のEEZ内への落下は8月3日に続いて2回目。北朝鮮が発射した弾道ミサイルは今年に入って21発目。自衛隊のF2戦闘機やP3C哨戒機が落下した付近の海域を捜索している。

 安倍晋三首相は5日、北朝鮮による日本海への弾道ミサイル発射を受け、情報収集や分析などに全力をあげるよう関係省庁に指示した。首相指示は(1)情報収集・分析に全力をあげ、国民に迅速・的確な情報提供を行う(2)航空機や船舶などの安全確認を徹底する(3)不測の事態に備え、万全の態勢をとる――の3点。首相は外国訪問中で、菅義偉官房長官を通じて伝えた。

 防衛省は「わが国に対する安全保障上の重大な脅威であり、深刻な懸念を表する」と批判する立場を発表。内閣官房は「明白な国連安全保障理事会決議の違反だ」として北朝鮮に厳重抗議する方針を表明した。稲田朋美防衛相は5日午後に予定していた陸上自衛隊練馬駐屯地(東京)の視察を取りやめた。

2016/9/5 15:31 日経新聞

 

 

ミサイル、排他的経済水域に落下か 奥尻島西方の日本海

f:id:obaco:20160905170905j:plain

 防衛省は5日、同日正午すぎに北朝鮮発射した弾道ミサイルは3発で、いずれも約1千キロ飛行し、北海道西方の排他的経済水域EEZ)内に落下したとみられると発表した。中距離弾道ミサイル「ノドン」か短距離弾道ミサイル「スカッド」とみて詳しく調べている。

 同省によると、落下地点は北海道奥尻島から西へ200~250キロの日本海上。周辺の航空機や船舶への被害は確認されていないという。自衛隊の戦闘機や哨戒機を落下地点付近へ飛行させ、ミサイルの破片がないか調べている。

2016年9月5日15時28分 朝日新聞デジタル

 

 

北ミサイル、奥尻島沖の排他的経済水域内に落下

 防衛省は5日、北朝鮮が同日午後0時13分頃、北朝鮮西岸の黄州付近から日本海に向け、弾道ミサイル3発を発射したと発表した。

 3発はいずれも約1000キロ飛行し、日本の排他的経済水域EEZ)にあたる北海道・奥尻島沖200~250キロに落下した。

 稲田防衛相は情報収集と警戒監視に万全を期すよう指示を出した。外務省は同日、外交ルートを通じて、北朝鮮に抗議した。

2016年09月05日 15時18分  Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

 

北朝鮮日本海に向けて弾道ミサイル3発を発射

 【ソウル=井上宗典】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮が5日午後0時14分頃、南西部の黄海北道ファンヘプクト黄州ファンジュ一帯から、日本海に向けて弾道ミサイル3発を発射した。

 韓国軍がミサイルの種類や落下地点の分析を進めている。

 同日午前には、中国・杭州で行われている主要20か国・地域(G20)の首脳会議に合わせ、韓国の朴槿恵パククネ大統領と中国の習近平シージンピン国家主席が会談を開いており、中韓の歩み寄りをけん制する狙いもあるとみられる。

 北朝鮮が弾道ミサイルを発射したのは、8月24日の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)以来。

2016年09月05日 13時24分  Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

 

 

北朝鮮日本海へ弾道ミサイル3発発射 G20牽制か

 北朝鮮は、5日午後0時14分、朝鮮半島西側の黄海に近い黄海北道黄州(ファンヘブクトファンジュ)付近から、日本海に向けて弾道ミサイル3発を発射した。韓国軍合同参謀本部が発表した。同本部によれば、ミサイルは中距離のノドン(射程1300キロ)で、1千キロ程度飛行した。防衛省などによれば、3発は北海道奥尻島沖西方二百数十キロの海上に落下した模様だ。同海域は、日本周辺200カイリ(約370キロ)に設定した排他的経済水域EEZ)内にあたるという。

 北朝鮮による弾道ミサイルの発射は8月24日の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射以来。

 北朝鮮は、3月の国連の制裁決議以降、少なくとも22発の弾道ミサイルを発射している。今回の発射は国際社会の制裁に対する反発と同時に、5日に中国で開かれている主要20カ国・地域(G20)首脳会議への牽制(けんせい)もあるとみられる。

 海上保安庁は、同日午後0時22分に北朝鮮から日本海に向けて弾道ミサイルが発射されたと発表した。(ソウル=牧野愛博)

2016年9月5日13時10分 朝日新聞デジタル