今日のニュース

気になったニュース

ノートに「母を笑いものにしたくない」 和歌山4人殺傷

f:id:obaco:20160902151608j:plain

溝畑泰秀容疑者

 和歌山市塩屋1丁目の土木建設会社「和大(わだい)興業」で4人が死傷した拳銃発砲事件で、殺人容疑などで指名手配されていた溝畑(みぞばた)泰秀容疑者(45)=8月31日に自分で腹を撃ち死亡=の立てこもり現場にあったかばんから、ノートが見つかったことが捜査関係者への取材でわかった。従業員との関係への不満や母親への思いなどが書かれており、県警は動機の解明につながる可能性があるとみて調べる。

 捜査関係者によると、ノートは溝畑容疑者が8月31日に拳銃を持って立てこもったアパートの1階付近に置いていたかばんの中から、現金200万円とともに見つかった。数ページにわたる殴り書きで、従業員の名前や自身との関係についての不満、「母親を笑いものにしたくない」などと和大興業の代表取締役である母親を心配する趣旨の文章が書かれていたという。

 従業員4人を撃ったとされる8月29日は、覚醒剤取締法違反の罪で実刑が確定した溝畑容疑者が、刑務所に収監される日だった。

 ログイン前の続き同社関係者らによると、同社は和歌山県和歌山市発注の河川や道路などの公共工事を受注。従業員の間では、専務として経営に関与してきた溝畑容疑者について、役員らが法令に違反したり、暴力団関係者との関係があったりした場合などに工事の入札参加資格を停止させられる県や市の要綱や基準に抵触し、工事が受注できなくなる不安があったという。

 そのため、従業員らが代表取締役の母親に対し、溝畑容疑者の社内での地位について「何とかならないか」と相談したことがあったとされる。溝畑容疑者は8月29日、社内で従業員らと話している時に、かばんから拳銃を取り出して発砲した疑いがある。県警はこうした事情から、従業員らに一方的に恨みを募らせた可能性があるとみて、関係者から事情を聴く方針。

 また、捜査関係者によると、溝畑容疑者の遺体から薬物反応が検出されたことがわかった。かばんの中からは注射器や小分け袋が見つかっており、覚醒剤の可能性があるとみて詳しく調べる。

2016年9月2日13時33分 朝日新聞デジタル

 

 

和歌山銃撃、逃走中発砲の拳銃は未発見の回転式

 和歌山市の土木建設会社「和大わだい興業」で男性従業員4人が銃撃されて死傷した事件で、和歌山県警に殺人容疑などで指名手配された後、拳銃で腹を撃って死亡した溝畑みぞばた泰秀容疑者(45)が、逃走中にパトカーに向けて発砲した拳銃は回転式だったことが捜査関係者への取材でわかった。

 回転式は見つかっていない。所持していた2丁を県警が押収し鑑定したところ、いずれも自動式だった。

 捜査関係者によると、溝畑容疑者は8月30日夜、逃走中のところを和歌山市内で見つかり、通報で駆けつけたパトカーに4発発砲。回収した銃弾や警察官の目撃証言から、使われたのは回転式だったという。回転式は発砲時に薬きょうが排出されないことなどから暴力団が好んで使うとされる。

2016年09月02日 09時15分  Copyright © The Yomiuri Shimbun