今日のニュース

気になったニュース

和歌山県警、突入しなかった理由は 住民「今も悶々と」

f:id:obaco:20160901062314j:plain

溝畑泰秀容疑者を乗せて、立てこもり現場から病院に向かう救急車=31日午後6時49分、和歌山市塩屋1丁目、上田潤撮影

 和歌山市の土木建設会社「和大(わだい)興業」で、従業員4人が死傷した拳銃発砲事件。容疑者は逃げ込んだ会社近くのアパートで17時間以上立てこもった末、持っていた銃で自殺した。市民生活が脅かされる中、警察が発砲や突入など強硬手段をとらなかったのはなぜか。

 和歌山県警は、4人が撃たれた事件の発生から約37時間後の8月30日午後10時過ぎ、殺人容疑などで指名手配した同社経営者の次男、溝畑(みぞばた)泰秀容疑者(45)を和歌山市内で発見。追跡中4発の発砲を受けながら反撃はせず、見失った。溝畑容疑者は31日午前1時過ぎから同社の西約100メートルのアパートに立てこもり、同日午後6時40分ごろ、自分の腹を撃ち、死亡した。

 現場近くに住む女性(35)は31日朝、警察官に促されて自宅裏口から避難するまで、不安な時間を過ごしたという。「警察は何をしていたのかと思うと、今も悶々(もんもん)とする」と話す。

 県警の丸木健嗣刑事部長は31日の記者会見で、立てこもり中、容疑者が両手に拳銃を持って引き金に指をかけており、周囲に住宅が密集していたことから「慎重にならざるを得なかった」と説明。捜査1課の保田彰(やすだあきら)次席も「突入は百%人命を守れる状態の時」で「今回そういう場面はなかった」と強調した。

 ログイン前の続き警察が発砲を強く抑制する契機となったのは、1970年の「シージャック事件」とされる。ライフル銃や散弾銃で武装し、広島港で船の乗客ら44人を人質にした男を大阪府警の警察官がライフル銃で射殺。この警察官や当時の広島県警本部長が殺人罪刑事告発された。「射殺はやむを得ない」「行き過ぎだ」。結果は不起訴処分だったが、賛否の論議を巻き起こした。

 そこから、予告なしで発砲できる場合が具体的に規則で示されるまでに31年かかった。2001年、警察庁は内規を改正し、「犯人が今にもけん銃を被害者に向けて撃とうとしている場合」など切迫した際には発砲できると緩和した。しかし、警察官職務執行法は武器の使用を「他に手段がないと信ずるに足りる相当な理由のある場合」などとしており、きわめて限定的であることに変わりはない。

 警視庁特殊部隊(SAT)の元隊員で危機管理アドバイザーの伊藤鋼一氏(60)も「テロなどでない一般の事件での犯人射殺は、人質に危害が及ぶ恐れがある場合などに限られる」と話す。

 一方、元大阪府警刑事部長で関西国際大学客員教授の松下義行氏は「夜明け前に突入する判断もあった」と指摘。「容疑者は4人を殺傷し、立てこもり後も発砲し、覚醒剤と絡む情報もあった。一刻も早い対処が必要だった」と述べた。

 和歌山県警は1日、溝畑容疑者が立てこもったアパート付近を現場検証。司法解剖の結果、溝畑容疑者の死因は、腹部を銃弾が貫通して内臓を傷つけたことによる出血性ショックだったと発表した。

2016年9月2日01時37分 朝日新聞デジタル

 

 

溝畑容疑者、「しっかり者」の評判 覚醒剤が変えた?

 溝畑泰秀容疑者(45)は会社を実質的に切り盛りし、今春まで地域で自治会長を引き受けるなど「しっかり者」という評判もあった。一方で従業員を拳銃で撃ったとされる29日は、覚醒剤取締法違反の罪で有罪が確定し、刑務所に収監される日でもあった。

 溝畑容疑者が専務を務めていた「和大興業」の従業員男性は、給料を手渡される時、溝畑容疑者から毎月、「がんばってな」と声をかけられた。しかし昨年、突然会社に来なくなった。「専務は覚醒剤で捕まった」。知人が言った。

 受注は減り、会社の経営は傾いた。男性は「逮捕後に会社が違う雰囲気になり、疎外感を感じたのかも。事件は、自分が追いやられた憤りが原因ではないか」と推測する。

 ログイン前の続き溝畑容疑者は以前、知人への暴力事件を起こした。担当した弁護士の男性は、覚醒剤の影響を指摘する。「人柄は悪くないし、友人の面倒を見る優しさもあった。覚醒剤さえやっていなければ」と残念がる。

 地元では自治会長として地域のトラブル処理に奔走していた溝畑容疑者。近所の男性は事件の結末に「まさか」と言葉を失った。

2016年9月1日03時04分 朝日新聞デジタル