今日のニュース

気になったニュース

ルセフ・ブラジル大統領失職 弾劾裁判で罷免

f:id:obaco:20160901043646j:plain

29日、弾劾裁判で無罪を訴えたルセフ大統領=ロイター

 【サンパウロ=宮本英威】ブラジル上院は31日午後(日本時間9月1日未明)、国家会計の不正操作に関わったとされるルセフ大統領を被告とする弾劾裁判の採決を実施し、賛成多数で有罪と判断して罷免、ルセフ氏は失職した。現在職務を代行するテメル副大統領が近く正式に昇格する。ただ政治混乱は続く見込みで、ブラジル経済が早期に回復に向かうには時間がかかりそうだ。

 上院全81議員のうち、有罪が61票、無罪が20票だった。規定の3分の2以上を満たした。議長は最高裁長官が務めた。ルセフ氏は国家会計の状況を良好に見せるため、農業融資などを国営銀行に肩代わりさせたと認定され、失職に値すると判断された。

 後任のテメル氏はルセフ氏の残りの任期である2018年末まで大統領を務める。テメル氏は中道のブラジル民主運動党(PMDB)に所属するベテラン政治家。同党はルセフ氏が所属する労働党と連立を組んでいたが、今年3月に離脱して弾劾成立の流れをつくった。テメル氏は税制や社会保障の改革を進める意向を示している。

 失職したルセフ氏は、軍政期には反政府ゲリラとして活動した経験を持つ。前のルラ政権で鉱業・エネルギー相、官房長官を務めた。ルラ氏から後継指名を受けて10年の選挙で勝利し、11年1月にブラジル初の女性大統領に就任した。15年1月から2期目を務めていたが、同年末から議会で弾劾手続きが始まり、今年5月からは職務停止中だった。

2016/9/1 1:38 日経新聞

 

 

ブラジル・ルセフ大統領を罷免 弾劾裁判で採決

f:id:obaco:20160901064157j:plain

31日、弾劾(だんがい)裁判でルセフ大統領の罷免(ひめん)が決まった直後の上院本会議。反対派はプラカードを掲げ、賛成派は歓声を上げた=田村剛撮影

 ブラジル政府の会計を粉飾したとして職務停止になったルセフ大統領(68)に対する弾劾(だんがい)裁判で8月31日、上院議員による採決が行われ、3分の2以上が有罪を支持し、ルセフ氏の罷免(ひめん)が決まった。これに伴い、大統領代行に就いていたテメル副大統領(75)が同日、大統領に就任した。

 テメル氏は「雇用拡大が主要テーマの一つだ」と語り、経済再建を最優先課題に掲げた。中道右派ブラジル民主運動党(PMDB)所属で、ルセフ氏の本来の任期の2018年12月まで大統領職を務める。

 一方、大統領公邸で会見したルセフ氏は、「テメル氏らはクーデターで権力を手にした。私は何の不正もしていない」と訴えた。

2016年9月1日10時20分 朝日新聞デジタル

 

 

 

ブラジル・ルセフ大統領失職…上院61人が賛成

 【ブラジリア=吉田健一】ブラジルで中道左派政権を率いてきたルセフ大統領(停職中)への罷免投票が8月31日午後(日本時間9月1日未明)、同国上院に設置された弾劾法廷で行われ、上院全81議員の3分の2を超える61人が罷免に賛成し、ルセフ氏の失職が決まった。

 テメル大統領代行(副大統領)が大統領に昇格し、2018年末までのルセフ氏の残りの任期を務める。

 ルセフ氏は、再選された2014年の大統領選前、財政悪化を隠すため、政府会計を不正に操作したとして弾劾に問われた。

2016年09月01日 01時58分  Copyright © The Yomiuri Shimbun