今日のニュース

気になったニュース

国内最大サンゴ礁、9割で白化現象…水温上昇で

f:id:obaco:20160831213926j:plain

国内最大のサンゴ礁「石西礁湖」で確認されたサンゴ白化現象(小型無人機で撮影)(31日午後、沖縄県竹富島沖で)=鈴木竜三撮影

 環境省は31日、沖縄県にある国内最大のサンゴ礁石西礁湖せきせいしょうこ」の9割で「白化現象」が起きていると発表した。

 地球温暖化などに伴う海水温の上昇が原因とみられる。

 白化は、サンゴと共生する植物プランクトンの「褐虫藻かっちゅうそう」がサンゴから抜け出す現象。褐虫藻はサンゴに栄養を与えており、この状態が長期間続くと、サンゴは死滅する。

 温暖化に伴う水温上昇に加え、沖縄周辺への台風接近が少なく、深層の冷たい海水と表層の温かい海水の攪拌かくはんがあまり起こらなかったため、サンゴのすむ浅い水域の水温が上昇。6月以降は30度を上回る状態となり、白化が進んだとみられる。

 国立環境研究所によると、同様の白化が起きた2007年には、サンゴの7割が死滅したという。環境省は「このままの状態が続けば、過去最大規模の被害が出る恐れがある」としている。

2016年08月31日 20時48分  Copyright © The Yomiuri Shimbun