今日のニュース

気になったニュース

「覚悟決めている」溝畑容疑者、自ら腹撃ち死亡

f:id:obaco:20160901062911j:plain

身柄を確保され殺傷事件現場前を通過する溝畑容疑者を乗せた救急車(31日午後6時52分、和歌山市で)=枡田直也撮影

 和歌山市の土木建設会社「和大わだい興業」で男性従業員4人が銃撃され死傷した事件で、和歌山県警に殺人容疑などで指名手配され、現場近くのアパートに立てこもっていた同社実質経営者・溝畑みぞばた泰秀容疑者(45)が31日夜、自らの腹を拳銃で撃った。

 県警捜査員らが銃刀法違反(所持)容疑で現行犯逮捕したが、溝畑容疑者は搬送先の病院で死亡した。立てこもりは同日未明から17時間余りに及んだ。

 県警によると、溝畑容疑者は31日午後6時40分、アパートの2階から1階まで外階段で下り、右手に持っていた拳銃で腹部を1発撃った。捜査員らがすぐに取り押さえ、拳銃を2丁押収。溝畑容疑者は救急搬送されたが、午後8時50分頃、死亡が確認された。溝畑容疑者は捜査員に、「投降はしない。覚悟は決めている」と話していたという。県警は自殺を図ったとみている。

2016年09月01日 00時09分  Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

自分の腹を撃った溝畑容疑者が死亡…和歌山発砲

f:id:obaco:20160831213333j:plain

両手に拳銃を持ち、立てこもりを続ける溝畑容疑者(31日午前5時22分、和歌山市で)=尾崎孝撮影

 和歌山市の土木建設会社「和大わだい興業」で男性従業員4人が銃撃され死傷した事件で、殺人容疑などで指名手配され、現場近くのアパートに約17時間余り立てこもっていた同社実質経営者・溝畑泰秀容疑者(45)が31日夜、所持していた拳銃で自分の腹を撃った。

 和歌山県警の捜査員らが銃刀法違反(所持)容疑で現行犯逮捕したが、溝畑容疑者は搬送先の病院で死亡が確認された。

 県警によると、溝畑容疑者は同日午後6時40分頃、立てこもっていたアパートの2階から1階まで外付けの階段で降り、右手に持っていた拳銃で1発、腹を撃ったという。投降を促していた県警捜査員らがすぐに駆け寄り、身柄を取り押さえた。拳銃2丁も押収した。溝畑容疑者は救急車で同市内の病院に運ばれたが、午後8時52分、死亡が確認された。

2016年08月31日 21時09分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

 

 

立てこもり男の身柄確保 和歌山、自ら腹撃つ

f:id:obaco:20160831210121j:plain

現場から溝畑泰秀容疑者を搬送する救急車(31日午後6時52分、和歌山市)=共同

 和歌山市の建設会社で従業員4人が撃たれ死傷した事件で、和歌山県警は31日午後6時40分ごろ、拳銃2丁を持ったまま会社近くの住宅地に立てこもった溝畑泰秀容疑者(45)=殺人容疑などで指名手配=の身柄を確保した。溝畑容疑者は県警による投降の説得中、自ら拳銃で腹部付近を撃ち、救急車で搬送された。

 事件は溝畑容疑者が立てこもりを始めた同日午前1時すぎから約17時間半を経て急展開した。当初は説得に応じず膠着状態が続く中、周辺では防弾チョッキを着用した県警の捜査員や大阪府警の特殊部隊が待機した。

 県警によると、溝畑容疑者は建設会社から約100メートル離れた2階建てのアパートや隣接する建設現場での立てこもりを続けた。31日午後には時折2階と1階を交互に移動し、建物の外にも出るなど緊迫した状況が続いた。容疑者が2階の通路にある水道で水を飲んだり顔を洗ったりする姿も見られた。

 捜査員との交渉では「200万円を母親に渡してほしい」「親をばかにするな」「マスコミを呼べ」などと相次ぎ要求。県警が31日朝にアパートの敷地内で発見、押収した溝畑容疑者のものとみられるかばんからは現金200万円と容疑者本人が書いたとみられる手紙が見つかった。

 捜査関係者によると、事件の数日前、溝畑容疑者が関係する金融機関の口座から同程度の額が引き出され、県警が事件との関連を調べていた。

 30日夜から31日未明にかけての追跡時、県警がアパート付近で押収した黒色の別の手提げかばんからは注射器と小分け用の袋が見つかったことも判明。県警は薬物の所持、使用の痕跡についても調べる。このかばんからはナイフのようなものも見つかっていた。

 事件は29日午前8時50分ごろ、建設会社「和大興業」の会議室で発生。従業員の石山純副さん(45)が死亡、1人が意識不明の重体となったほか、2人が重傷を負った。〔共同〕

2016/8/31 19:59 日経新聞