今日のニュース

気になったニュース

レスリング伊調を特別表彰 五輪メダリストら顕彰

f:id:obaco:20160825204101j:plain

松野文科相(左)から特別表彰されるレスリング女子の伊調馨選手(25日午後、東京都内のホテル)=共同

 リオデジャネイロ五輪のメダリストらが25日、東京都内で文部科学相の顕彰・表彰式に出席し、女子個人種目で五輪史上初の4連覇を達成したことで特別表彰されたレスリング女子58キロ級の伊調馨選手(ALSOK)は「スポーツ界の発展に少しでも貢献できるよう、さらなる向上を目指して精進したい」とあいさつした。

 金メダリスト16人を含むメダリストは五輪優秀者として、その指導者はスポーツ功労者として顕彰された。日本選手団の主将を務めたレスリング女子53キロ級銀メダルの吉田沙保里選手は「金が一番良かったが、悔いはない」とさっぱりとした様子で話し、陸上男子400メートルリレーの銀メダルに貢献したケンブリッジ飛鳥選手(ドーム)は「(東京五輪は)リレーで金メダルを取れればいいし、個人種目もメダルを狙えたら」と新たな目標を掲げた。〔共同〕

 

吉田沙保里「負けた人の気持ち分かった」

 リオデジャネイロ五輪の成績優秀者をたたえる文部科学省の表彰式が25日、東京都内で開かれた。

 レスリング女子58キロ級で4連覇を果たした伊調馨(ALSOK)が松野文科相に特別表彰されたほか、メダリストやその指導者が顕彰された。伊調は「世界の舞台で活躍できたのは、熱心に指導してくれたコーチやスタッフをはじめ、国民からの温かい声援のたまもの」と謝辞を述べた。

 女子53キロ級で4連覇を逃し、銀メダルだった吉田沙保里(フリー)は表彰式後、「こういう表彰式で、メダルを取る取らないとか、金・銀・銅で(扱いが)違う。負けた人の気持ちが分かり、いい経験になった」と話した。去就については「ゆっくり決めたい」と明言を避けた。

2016年08月25日 18時51分  Copyright © The Yomiuri Shimbun