今日のニュース

気になったニュース

地球に似た惑星発見、水も存在か 太陽系から4光年先

f:id:obaco:20160825044830j:plain

新たに発見された惑星プロキシマbの地表イメージ。岩石で覆われ、水が存在する可能性がある。太陽系から約4光年先にあるプロキシマ・ケンタウリ(奥)を周回している=European Southern Observatory提供

 太陽系に最も近い恒星の周りで、地球に似た惑星が見つかった。岩石でできており、水が存在する可能性もあるという。英ロンドン大などの研究者らが25日付の英科学誌ネイチャーに発表する。

 8カ国による研究グループはチリにある天文台などで、地球から約4光年離れた「プロキシマ・ケンタウリ」という恒星を周回する惑星を新たに発見。「プロキシマb」と名付けた。重さは地球の1・3倍以上で、約11日で公転している。

 研究者らによると、この星では水分が生まれ、現在も残っている可能性がある。地表温度は液体の水が存在できる範囲とみられる。太陽系外で水がある可能性を持つ星としては、今回の惑星が太陽系に最も近いという。ただ、恒星からの距離が近く、X線が地球の400倍にあたることもわかっている。

 研究者は「次に目指すのは、大気や生命が存在するかどうかの調査だ」としている。(山崎啓介)

2016年8月25日02時06分 朝日新聞デジタル