今日のニュース

気になったニュース

日中韓外相、都内で会談 尖閣問題、日中会談で抗議へ

f:id:obaco:20160824125825j:plain

日中韓外相会談の冒頭、撮影に応じる(左から)中国の王毅外相、岸田文雄外相、韓国の尹炳世外相=24日午前、東京都港区の飯倉公館、岩下毅撮影

 岸田文雄外相、中国の王毅(ワンイー)外相、韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外相が24日午前、東京都内で会談した。また、北朝鮮は同日朝、日本海海上から潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射した。これを受け、会談の冒頭で岸田氏は「断じて容認することはできず、直ちに抗議した。日中韓で国際社会の取り組みを主導すべく連携していきたい」と呼びかけた。

 尹氏も「緊急かつ重大な脅威に我々の団結が重要だ」との認識を表明。一方、王氏は「3カ国協力は地域の平和と安定に重要だ」と述べるにとどめ、北朝鮮の弾道ミサイル発射には直接、言及しなかった。

 日中韓の3カ国外相会談は、昨年3月にソウルで行われて以来約1年5カ月ぶり。会談では北朝鮮の核・ミサイル問題のほか、環境や防災などの協力について協議。日中韓3カ国首脳会談の日本での年内開催に向けた環境整備についても話し合われたとみられる。

 日中韓による外相会談は、首脳会談とともに2008年から毎年持ち回りで開いてきた。13年と14年は日中、日韓関係の悪化で見送られたが、外相会談は2年連続で実現。「3カ国の協力プロセスの正常化」(安倍晋三首相)の流れが続くことになった。昨年の会談は戦後70年の節目と重なり、「歴史を直視し、未来に向かう」と明記した共同文書を発表したが、今回は文書の発表は行われない見通しだ。

2016年8月24日11時55分 朝日新聞デジタル

 

 

日中韓外相、北朝鮮対応やテロ対策などを協議

f:id:obaco:20160824123119j:plain

日中韓外相会談の冒頭、撮影に応じる(左から)中国の王毅外相、岸田外相、韓国の尹炳世外相(24日午前10時54分、東京都港区で)=代表撮影

 日中韓3か国の外相会談が24日午前、東京・麻布台の外務省飯倉公館で開かれた。

 3外相は、核・ミサイル開発を進める北朝鮮への対応のほか、経済協力の拡大やテロ対策などについて協議する。日中韓首脳会談を年内に東京で開催する方針も改めて確認するとみられる。

 外相会談には、岸田外相、中国の王毅ワンイー外相、韓国の尹炳世ユンビョンセ外相が出席した。

 会談の冒頭、岸田氏は「本日朝、北朝鮮がSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)と考えられる弾道ミサイルを発射したことは、断じて容認できない。日中韓で国際社会の取り組みを主導すべく、緊密に連携したい」と述べた。尹氏も「北朝鮮の発射があり、団結した対応が重要になっている」と語った。

 これに対し、王氏は「3か国の関係はあれこれと問題はあるが、地域の平和と安定にとっても重要な責任を担っている。3か国は歴史を直視し、協力を強化して、安定的に発展していくことを確保しなければならない」と述べるにとどめた。

2016年08月24日 12時22分  Copyright © The Yomiuri Shimbun