今日のニュース

気になったニュース

慰安婦財団に10億円、閣議決定 少女像撤去が焦点に

 政府は24日午前、昨年末の日韓合意に基づき、韓国政府が元慰安婦を支援するために設立した「和解・癒やし財団」に政府予算から10億円を拠出することを閣議決定した。岸田文雄外相は同日の日韓外相会談で、尹炳世(ユンビョンセ)外相に拠出金の支払いの政府内手続きが終わったことを伝える方針だ。

 菅義偉官房長官は24日午前の記者会見で「今回、資金支出が完了すれば、日韓合意に基づく日本側の責務は果たしたことになる」と語った。政府は外相会談の前に財団を支える資金を拠出する閣議決定を済ませ、日韓合意を誠実に履行していることを示す考えだ。

 一方、日本は、ソウルの日本大使館近くに置かれた慰安婦を象徴する少女像の撤去を求めている。日韓合意では「適切に解決されるよう努力する」とされており、今後は韓国側の動きが焦点となる。少女像について、菅氏は「韓国側に少女像の問題の解決に向けた努力を含む合意の着実な実施を求めていく」と述べた。

2016年8月24日11時57分 朝日新聞デジタル