今日のニュース

気になったニュース

北朝鮮、潜水艦ミサイル成功か…実戦配備近づく

f:id:obaco:20160825042539j:plain

 【ソウル=宮崎健雄】北朝鮮軍は24日午前5時半頃、北東部の咸鏡南道ハムギョンナムド新浦シンポ付近の日本海で潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)1発を発射した。

 ミサイルは約500キロ・メートル飛行し、日本の防空識別圏(ADIZ)内の日本海に落下した。韓国軍関係者は、SLBMの最低射程約300キロ・メートルを初めて超えたことから、発射試験に成功したとの見方を示した。水中で標的に近づいての発射が可能で、衛星での事前探知が難しいSLBMの技術向上は日米韓にとって新たな脅威となる。

 韓国軍は、北朝鮮がミサイルをADIZぎりぎりに到達するよう角度を高くして発射したとみており、通常軌道で発射すれば射程は1000キロ・メートルに達し、燃料を増やせば最大で2000キロ・メートルに達する可能性もあると分析している。韓国政府は、SLBMの実戦配備まで2~3年と推定してきたが、今回の成功により、今年末に実戦配備可能との見方も出ている。

2016年08月24日 23時31分  Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

北ミサイル、500キロ飛行…技術向上で脅威に

 【ソウル=井上宗典】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は24日午前5時半頃、北東部の咸鏡南道ハムギョンナムド新浦シンポ付近の日本海で、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)1発を発射した。

 SLBMの発射では最長の約500キロ・メートル飛行し、日本の防空識別圏内に落下した。

 北朝鮮のSLBMが日本の防空識別圏内に入ったのは初めてだ。日本や韓国など周辺国にとって、北朝鮮がSLBMの飛行技術を向上させたことは安全保障上の新たな脅威となる。

 韓国大統領府は24日朝、国家安全保障会議を開いて対策を協議した。

 韓国軍は「これまでの発射実験に比べ、技術が進展したとみられる」との見解を示し、「北朝鮮のいかなる挑発にも断固として対応する」と警告した。

 今回の発射は、24日の東京での日中韓外相会談のほか、22日に始まった米韓合同軍事演習をけん制する狙いとみられる。

2016年08月24日 11時51分  Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

 

 

北朝鮮、ミサイル1発を発射 日本の防空識別圏に落下か

f:id:obaco:20160824121337j:plain

北朝鮮のミサイル発射について語る岸田文雄外相=24日午前、外務省、安倍龍太郎撮影

 北朝鮮は24日午前5時30分ごろ、咸鏡南道新浦(ハムギョンナムドシンポ)沖の日本海海上から潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)1発を発射した。韓国軍合同参謀本部が発表した。SLBMの発射は7月9日以来。約500キロ飛行し、日本の防空識別圏内に落下した模様だ。

 北朝鮮によるSLBM発射は昨年5月に初めて確認されて以来、5回以上にわたり実施されてきた。韓国軍は従来、「水中発射と初期飛行の能力は備えた」としつつ、「実戦配備には早くて3年かかる」としていたが、今回の発射について「過去に比べて技術が相当進展している」とした。

 過去の飛行距離は、4月23日に約30キロだったのが最長。今回は500キロ飛行し、SLBMの最低射程とされる300キロを大きく超えた。北朝鮮は今後、SLBMの重要な役割である核報復攻撃のための核兵器搭載能力や運搬する潜水艦などのさらなる開発、命中精度の向上を急ぐとみられる。

2016年8月24日10時52分 朝日新聞デジタル

 

 

 

北ミサイル、日本の防空識別圏に落下…韓国報道

 

 【ソウル=井上宗典】聯合ニュースによると、北朝鮮は24日午前5時半頃、北東部の咸鏡南道ハムギョンナムド新浦シンポ付近の日本海で、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)と推定されるミサイル1発を発射した。

 北朝鮮がSLBMとみられるミサイルを発射したのは、7月9日以来。

 聯合ニュースは、北朝鮮が発射したミサイルは約500キロ・メートル飛行し、日本の防空識別圏内に落下したと伝えた。

2016年08月24日 07時57分  Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

北朝鮮日本海海上から飛翔体1発を発射 韓国軍が発表

 北朝鮮は24日午前5時30分ごろ、咸鏡南道新浦(ハムギョンナムドシンポ)付近の日本海海上から潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)とみられる飛翔(ひしょう)体1発を発射した。韓国軍合同参謀本部が発表した。約500キロ飛行し、日本の防空識別圏内に落下した模様だ。航跡など詳しい状況について米韓両国が分析している。

 24日には東京で日中韓外相会議が開かれる。北朝鮮は3月の国連制裁の決議以降、中距離のムスダンなど弾道ミサイルを少なくとも計18発、発射した。SLBMの発射は7月9日以来。韓国側が「早ければ3年以内」とみているSLBMの実戦配備のため、開発を急ぐとともに、制裁を強める国際社会を牽制(けんせい)する狙いもあるとみられる。(ソウル=牧野愛博)

2016年8月24日06時50分 朝日新聞デジタル

 

 

 

北朝鮮日本海で潜水艦ミサイル発射…韓国報道

 【ソウル=井上宗典】聯合ニュースによると、北朝鮮は24日午前5時半頃、北東部の咸鏡南道ハムギョンナムド新浦シンポ付近の日本海で、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)と推定されるミサイル1発を発射した。

 北朝鮮がSLBMとみられるミサイルを発射したのは、7月9日以来。

2016年08月24日 07時02分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

 

 

 

 

北朝鮮が弾道ミサイル発射 防衛省が発表

 防衛省は24日午前、北朝鮮が午前5時29分ごろ同国東岸より弾道ミサイル1発を日本海に向けて発射したもようだと発表した。稲田朋美防衛相は「情報収集・警戒監視に万全を期すように」と指示した。防衛省では関係幹部会議を開いた。

 

 2016/8/24 7:11 日経新聞