今日のニュース

気になったニュース

2016/8/23 19:24 日経新聞

f:id:obaco:20160823231045j:plain

小売りなどで人手不足が深刻

 2016年度の都道府県別最低賃金の改定額が23日出そろった。全国平均は現在より25円高い時給823円で、全都道府県で初めて700円を超えた。上げ幅は比較可能な02年度以降最大。高知、鳥取など6県は厚生労働省の審議会が地域別に示した引き上げ額の目安を上回った。人口減少で地方でも人手不足は深刻で、最低賃金を引き上げて労働力確保を図る例が目立つ。

 最低賃金は全労働者に適用される。厚労省の中央最低賃金審議会は7月、最低賃金の目安を全国平均で時給24円引き上げる方針を出し、経済状況に応じて都道府県別に引き上げ額の目安(25~21円)を示した。都道府県の審議会は国の目安や生活費など地域の経済指標をもとに、最低賃金の実額を各地域の労働局長にこのほど答申。正式決定後、10月に順次適用される。

 時給が最も高いのは東京の932円、最も低いのは宮崎、沖縄の714円。上げ幅は東京、愛知、大阪など大都市部の25円から、東北や九州を中心とした地方の21円まで幅がある。現在、青森、徳島、高知、佐賀、沖縄など16県の時給は600円台だが、改定後は全てが700円を超える。

 

画像の拡大

 

 特に、埼玉、兵庫、鳥取、島根、香川、高知の6県では、中央最低賃金審議会が示した引き上げ額の目安を1円上回った。若い世代の労働力流出に悩む地域が多く、建設、小売業などで深刻化する人手不足の改善にもつなげる狙いだ。

 現在、時給が693円と全国最低の高知県は22円増の715円を答申。労使で構成する地元の審議会が「若者の流出を止めようと、引き上げ方針を示した」(事務局を務める高知労働局)という。同局の試算では、時給714円以下の県内労働者は全体の10%近くを占める。最低賃金の改定効果は広く及びそうだ。

 兵庫県は25円増の時給819円になる見通し。「大阪、京都に比べ最低賃金が低く、県内に住みながら近隣府県で働く労働者が多い課題がある」(兵庫労働局)という。

 安倍晋三政権は6月に閣議決定したニッポン一億総活躍プランに最低賃金を毎年3%程度引き上げる方針を盛り、「全国加重平均で最低賃金1000円」を目指す中期目標を掲げる。都道府県の答申は、正社員と非正規労働者の賃金格差解消や、脱デフレに向けた大幅な賃上げを求める国の意向に沿う形となった。

2016/8/23 22:37 日経新聞