今日のニュース

気になったニュース

マット死、元生徒2人に再び賠償命令…山形地裁

 山形県新庄市の市立明倫中学校で1993年1月、1年の児玉有平君(当時13歳)が体育用マットの中で死亡した事件を巡り、遺族が、傷害や監禁致死容疑などで逮捕・補導された当時の生徒7人のうち3人に、確定した民事訴訟の損害賠償金計約5760万円の支払いを求めて再提訴した訴訟で、山形地裁(松下貴彦裁判長)は23日、差し押さえの手続きが取られた1人を除く2人に約5760万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

 遺族が元生徒7人に損害賠償を求めた訴訟は2005年に最高裁で確定したが、全員支払いに応じなかった。そのため、4人については差し押さえ手続きを取り、時効(10年)による請求権の消滅を防いだが、残る3人は勤務先などが分からず、再提訴していた。

 松下裁判長は判決で、「遺族側の賠償請求権は05年までの民事訴訟で確定しており、元生徒側に賠償責任がある」と指摘。支払額は、約5760万円に利息が加わり、1億2424万円になった。

 遺族側代理人は「主張が認められてホッとした。なぜ再提訴までしなければならなかったのかという、忸怩じくじたる思いはある」と述べた。一方、元生徒側の代理人は「『無実』だとの主張が受け入れられず残念だが、控訴はしない」と述べた。

 児玉君は当時、体育館用具室に丸めて立てかけてあったマットの中で頭を下にして死亡しているのが見つかった。上級生ら7人が逮捕・補導され、児童福祉司指導処分となった1人を除く6人が少年審判を受け、3人が「無罪」相当の不処分に、3人が事件に関与したとして保護処分となった。

 判決後、児玉君の父・昭平さん(67)は「すでに最高裁で判決が確定した話で、こちらとしては争うものはない。有平のために粛々と手続きを進めてほしいだけ」と語った。

2016年08月23日 12時08分 Copyright © The Yomiuri Shimbun