今日のニュース

気になったニュース

おおさか維新、「日本維新の会」に改名

f:id:obaco:20160823230046j:plain

党名を変更し気勢を上げる松井代表(左)ら(23日、大阪市北区

 おおさか維新の会は23日、大阪市で臨時党大会を開き、党名を「日本維新の会」に変更すると決めた。安倍政権との是々非々路線を再確認するとともに、地域政党のイメージ払拭をめざすため、橋下徹前代表らが国政政党として結成した2012年当時の名称に原点回帰する。関西以外での支持獲得と「橋下頼み」脱却に向けて試行錯誤が続きそうだ。

 松井一郎代表は党大会のあいさつで「大阪で支持を受けている『身を切る改革』を全国に広げるための一番のネーミングが『おおさか維新の会』だという思いで戦ってきた」と語った。その上で「改革を日本全国で1歩2歩進めていくためには、全国の皆さんから認知されるネーミングを考えよう」と述べた。

 松井氏は参院選後、党名から「おおさか」を外す意向を示していた。所属議員らによるアンケートを実施した結果、「日本維新の会」への支持が過半数だったことから「アンケートの結果などを基に検討して決めた」(党幹部)という。

 現在、同党は衆院15人、参院12人で、野党では民進党共産党に続く第3党。同党の規約では代表任期を「国政選挙から90日以内で、重ねて就任できる」としており、代表選は実施せず松井氏を再任することも決めた。

 党名変更の狙いは全国規模での支持獲得だ。先の参院選で選挙区で議席を得たのは、地盤の大阪と隣接する兵庫の2選挙区3議席だけ。東京や埼玉、福岡といった関西以外で擁立した選挙区では議席を得られなかった。党内からは「地域名の入った党名では国政選挙を戦えない」との声が強い。

 党勢拡大に向けた道筋は手探りだ。参院で法案を提出できる議席数を確保したことから、秋の臨時国会では積極的に提出する方針。まず国会議員の歳費を2割カットする「身を切る改革」関連法案を10本出す。成立にこぎ着けるのは難しい情勢だが、松井氏は「実現しないからといってやらないことにはならない」と力を込めた。

 改憲論議のけん引役もめざしている。7月末には橋下氏、松井氏、馬場伸幸幹事長が安倍晋三首相、菅義偉官房長官と3時間にわたって会談。橋下氏らは論議に積極的に参加する意向を伝えた。「教育の無償化」など改憲の3本の柱を掲げており、主導権を握りたい考えだ。

 政権との連携はもろ刃の剣の面がある。おおさか維新は安倍政権の政策に「是々非々」路線を掲げるが、先の通常国会での法案への賛否はほぼ与党と足並みをそろえた。それだけに「党の存在感が低下している」(旧維新の党関係者)との懸念は根強い。

 次期衆院選は「当たって砕けるしかない」(松井氏)として全国で候補者を擁立する。比例各ブロックに国会議員の担当を割り振り、全都道府県で1人以上の擁立をめざす。東京都政に関しても小池百合子都知事が「選択肢の一つ」とした新党構想とも「政策次第」(同)では連携を視野に入れる。

 党勢拡大のカギを握るのは昨年12月に政界を引退した橋下氏の動向との見方は強い。臨時党大会には姿を現さなかったものの、党内には「いずれ橋下氏は戻ってくる」(党幹部)との期待がくすぶる。

2016/8/23 20:47 日経新聞

 

 

おおさか維新の新党名は「日本維新の会

 おおさか維新の会が検討してきた新党名を「日本維新の会」とすることが22日、分かった。

 関係者が明らかにした。全国的に支持を広げて党勢拡大につなげる狙いがあり、23日に大阪市で開く臨時党大会で正式決定する。「日本維新の会」は地域政党大阪維新の会が2012年に国政に進出した際の名称だ。

 おおさか維新は7月の参院選の選挙区選で、地盤を持つ関西地方の大阪と兵庫の2選挙区でしか議席を確保できなかった。「『おおさか』の名称は地域エゴに見られかねない」(党幹部)として、「おおさか」を外した新党名を検討していた。

2016年08月23日 07時31分 Copyright © The Yomiuri Shimbun