今日のニュース

気になったニュース

むの たけじ氏が死去 平和訴えたジャーナリスト

f:id:obaco:20160821200415j:plain

むのたけじさん(ロイター)

 むの たけじ氏(本名=武野武治、ジャーナリスト)21日、老衰のため死去、101歳。告別式は近親者のみで行う。お別れの会を開くが日取りなどは未定。

 太平洋戦争中に朝日新聞記者として海外特派員を務めたが、戦争報道に携わった責任を取り終戦の日に退社。古里の秋田県に戻り1948年に横手市で週刊新聞「たいまつ」を創刊し、反戦や農業、教育などをテーマに執筆。78年休刊後も晩年まで講演や著作で平和の大切さを訴え続けた。

2016/8/21 21:05 日経新聞

 

むのたけじさんが死去

 新聞記者として戦争取材に関わった反省から、故郷の秋田県で週刊新聞「たいまつ」を発刊しながら反戦を訴え続けたジャーナリストむのたけじ(本名 武野武治)さんが21日午前0時20分、老衰のため、さいたま市内の自宅で死去した。101歳。秋田県出身。葬儀・告別式の日取りは未定。後日しのぶ会の 開催を検討している。

 東京外語大卒。太平洋戦争中に朝日新聞記者として海外特派員を務めたが、敗戦と同時に退社。1948年、秋田県横手市で「たいまつ」を創刊し、反戦・平和や農村、教育問題などで評論活動に当たった。【共同通信

2016年 08月 21日 11:58 JST ロイター

 

 

反戦訴え続け、むのたけじさんが死去…101歳

 戦争の根絶を訴え続けたジャーナリスト・むのたけじ(本名・武野武治)さんが21日、老衰のため、さいたま市の次男宅で死去した。

 101歳だった。告別式は近親者のみで行い、後日、しのぶ会を開く予定。

 秋田県出身。東京外国語学校(現東京外語大)卒業後、報知新聞記者を経て朝日新聞社に入社。海外特派員として太平洋戦争などを取材したが、戦地で目にした事実を伝えることができなかった責任を取るとして、終戦の日に退社した。1948年から秋田県横手市で週刊新聞「たいまつ」を発行。78年に780号で休刊した後も、執筆や講演などの言論活動を通して、反戦平和を訴え続けた。

 今年5月に肺炎と心不全を併発して入院後、さいたま市で療養していた。6月に横手市で予定されていた講演会には、ビデオメッセージを寄せていた。

2016年08月21日 19時44分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

 

 

むのたけじさん死去 101歳のジャーナリスト

f:id:obaco:20160821200016j:plain

郷の秋田県横手市で講演するむのたけじさん=2015年10月13日、木瀬公二撮影遠藤雄司撮影

 「戦争絶滅」を訴え続けたジャーナリストむのたけじ(本名・武野武治)さんが21日、老衰のため、さいたま市の次男宅で死去した。101歳だった。葬儀は近親者のみで行い、後日、「しのぶ会」を開く。

 朝日新聞記者時代に終戦を迎え、「負け戦を勝ち戦のように報じて国民を裏切ったけじめをつける」と終戦の日に退社した。ふるさとの秋田県に戻り、横手市で週刊新聞「たいまつ」を創刊。1978年に780号で休刊してからは、著作や講演活動を通じて平和への信念を貫き通した。

 100歳になった昨年は戦後70年で「歴史の引き継ぎのタイムリミット」といい、講演で各地を飛び回った。今年5月3日に東京都江東区東京臨海広域防災公園で行われた「憲法集会」でのスピーチで「日本国憲法があったおかげで戦後71年間、日本人は1人も戦死せず、相手も戦死させなかった」と語ったのが、公の場での最後の訴えとなった。

 2002年に胃がんの手術をし、06年に肺がん放射線治療を受けたが、ほぼ完治。90歳を過ぎても自転車に乗り、「80歳より90歳のほうがいい仕事ができるようになった」と話した。

 「戦争いらぬやれぬ世へ」(評論社)や「99歳一日一言」(岩波新書)、「日本で100年、生きてきて」(朝日新書)などを著し、「週刊金曜日」では故野坂昭如さんのあとのコラムを担当していた。(木瀬公二)

2016年8月21日07時38分 朝日新聞デジタル

 

 

むのたけじさん死去=101歳、ジャーナリスト

f:id:obaco:20160821200753j:plain

 従軍記者として戦争報道に関わった反省から、終戦の日に新聞社を退社し、反戦を訴え続けたジャーナリストむのたけじ(本名武野武治)さんが21日午前0時20分、老衰のためさいたま市の次男宅で死去した。101歳だった。秋田県出身。葬儀は密葬で行われる予定。
 1936年に東京外国語学校(現東京外語大)卒業後、報知新聞社を経て朝日新聞社に入社。戦時中は従軍記者として、中国やインドネシアの特派員を歴任したが、自分の記事に責任を感じて45年8月15日に退社した。
 48年に秋田県横手市で週刊新聞「たいまつ」を創刊。78年に780号で休刊してからは、反戦の立場から執筆や講演などの活動を続けた。著書に「日本で100年、生きてきて」などがある。

時事通信 (2016/08/21-14:04)