読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

ボルトと並び「おっ、いけるかな」 ケンブリッジら会見

f:id:obaco:20160821095859j:plain

ポーズをとる陸上男子400メートルリレーの山県亮太飯塚翔太桐生祥秀ケンブリッジ飛鳥=リオデジャネイロ、永島学撮影

 リオデジャネイロ五輪で、陸上男子400メートルリレーの銀メダルとなった山県(やまがた)亮太(24)、飯塚翔太(25)、桐生祥秀(よしひで)(20)、ケンブリッジ飛鳥(23)らが20日朝(日本時間20日夜)、リオ市内で会見した。飯塚は「予選ではアジア記録で全体の2位で通過し、世界の強豪チームから一目置かれている雰囲気があった。(決勝を終えてからは)ブラジルの観光客が心から祝福してくれるのをみて、すごくうれしかった」と振り返った。

 会見には、レスリング男子フリースタイル57キロ級で銀メダルの樋口黎(れい)(20)、陸上男子50キロ競歩で銅メダルの荒井広宙(ひろおき)(28)、バドミントン女子シングルスで銅メダルの奥原希望(のぞみ)(21)も同席した。

 400メートルリレーの山県は、「練習でも日本記録を超えるようなタイムで走れていた。37秒中盤まではしっかり狙えるだろうと自信はもって取り組んだ」。桐生は「4人そろってメダルをとるという気持ちでトラックに立った。狙った結果が本当になり、すごくうれしい」と話した。

 優勝したジャマイカチームについて聞かれると、飯塚は「勝てるイメージがまだつかない。ジャマイカチームは個人で全員が決勝に残っているレベルで、僕たちはまだ準決勝止まりが現実。まずは個人のスピードをつけるのが一番」と分析してみせた。

 ジャマイカのウサイン・ボルト(29)と競り合ったケンブリッジは「バトンをもらって一瞬並んだときは『おっ。ちといけるかな』と思ったんですけど、やっぱり最後は速かった」。

2016年8月21日02時37分 朝日新聞デジタル

 

 

輝いた四連星、陸上男子400リレー過去最高の銀
洗練バトンに個の力が融合

f:id:obaco:20160821104611j:plain

日本勢に9秒代の選手はいない。それでも400リレーで銀メダルは衝撃的。決勝で第3走者の桐生からバトンを受け走るアンカーのケンブリッジ(手前左から2人目)。中央はボルト=ゲッティ共同

 山県亮太ケンブリッジ飛鳥、桐生祥秀飯塚翔太と近年の日本の男子短距離陣が充実の陣容を誇るといっても、100メートルの9秒台ランナーは一人もいない。それで400メートルリレーで銀メダルを獲得したのだから、衝撃度は高い。歴史的快挙を成し遂げた鍵が2001年に導入したバトンの「アンダーハンドパス」だ。

 お互いが腕を伸ばして距離を稼ぎ、上に向けた手のひらにバトンを乗せるオーバーハンドに対し、アンダーハンドは下向きの手のひらに、下から押し込むように渡す。2人の走者が接近して受け渡しをするため、オーバーハンドより確実性が高く、フォームが崩れにくいとされる。

 世界の主流ではない方法を追究する過程で生まれた成果が、2008年北京五輪の銅メダル。1928年アムステルダム大会女子800メートル銀メダルの人見絹枝以来、80年ぶりの五輪トラック種目のメダルだった。

 リレーメンバーは日本独自のアンダーハンドに毎回改良を加えてきた。今大会は受け手と出し手がこれまでより腕を伸ばして距離を稼ぐ「改良型」を採用。20メートルのバトンゾーンに前後10メートルを加えた40メートルの区間を3.75秒でバトンが通過するように練習を重ねてきた。

f:id:obaco:20160821104737j:plain

第1走者の山県は「自分たちの歴史もつくるんだ」という気持ちだった=共同

 その成果が出たのが18日の予選でマークした37秒68の日本新記録だった。14年アジア大会で中国にアジア初の37秒台を出され、北京五輪銅メダルメンバーの高平慎士が心底悔しがってから2年。ようやく日本も「38秒の壁」を超え、予選の1つ前の組で中国が更新したアジア記録をも塗り替えた。

 決勝では20メートルのバトンゾーン内で、実際に受け渡しに使う区間をやや長くしたという。その長さ、1走(山県)―2走(飯塚)間と2走―3走(桐生)間は靴4分の1足分、3走―アンカー(ケンブリッジ)間は2分の1足分。この微調整が受け渡しの際にゆとりを生み、37秒60とさらにタイムを更新した。

f:id:obaco:20160821104846j:plain

日本は確実性の高い「アンダーハンドパス」を採用。飯塚(右)桐生へとわたされる=代表撮影

 情報の共有、蓄積によりバトンパスの精度が高まり、今では「違う選手が入っても同じ結果が出せる」と日本陸連の苅部俊二・男子短距離部長。飯塚と同じ200メートル代表だった高瀬慧のメンバー入りを最後まで模索、層の厚さをうかがわせた。

 同じリレーのメダルでも、苅部部長の受け止めは銅を獲得した北京とはやや趣が異なる。失格チームが出て好機が巡ってきた北京は「不安の方が大きかった」のに対し、個々の能力が高い状況で迎えた今大会は「狙ってメダルを取った。自信の方が大きかった」。

 リーダー役の飯塚は「走力で勝ち取ったメダル」と話す。今季は山県とケンブリッジが100メートル、飯塚が200メートルで自己ベストを更新、桐生も100メートルで自己タイを出した。バトンパスの技術力に走力を加え、「自分たちの歴史もつくるんだという気持ちでやった」(山県)先に前人未到の偉業が待っていた。(合六謙二)

2016/8/21 10:07 日経新聞

 

 

普段ライバルでも「仲間を信じ切って走った」 リレー銀

f:id:obaco:20160821112924j:plain

男子400メートルリレーで銀メダルを獲得し、ジャマイカのボルト(手前)と握手する(左から)山県亮太桐生祥秀ケンブリッジ飛鳥、飯塚翔太=19日、五輪スタジアム、林敏行撮影

(19日、陸上男子400メートルリレー決勝)

 陸上100メートルでライバル関係にある桐生祥秀(20)、ケンブリッジ飛鳥(23)、山県亮太(24)の3人に、200メートルが本職の飯塚翔太(25)が加わった。持ち味が違う4人が、400メートルリレーで銀メダルに輝いた。

 「みんなで良い色のメダルをとろう」。レース前、4人は手を握り合って誓った。

 山県は今大会、どのレースでもスタートダッシュを決めた。ケンブリッジも日本選手権優勝から、勢いに乗っている。飯塚は加速してからの走りに定評があった。リオで力を出し切れていないのが、桐生だった。

 ログイン前の続き決勝の6日前、父の康夫さん(51)からLINE(ライン)でメッセージを受け取った。

 《あと一歩頑張れ》

 100メートル予選が終わった後だった。

 9秒台を期待されたが、100メートルに出場した3人の中で唯一予選で敗れた。さばさばした表情で「僕はもう追われる立場じゃなくなりました。追う立場です」と語った。

 「本人は相当悔しかったはず」。競技会場で見守った康夫さんは振り返る。

 選手村では、山県とケンブリッジと同部屋。ケンブリッジは、桐生を「一番負けず嫌い」と評する。その桐生が予選敗退後、「自分が暗かったら申し訳ない」と、準決勝に進んだ2人を気遣った。

 そんな姿に、リレーでリベンジをかける思いがにじんだ。

 レースは始まった。

 「後のことは飯塚さん、桐生、ケンブリッジが全部やってくれる」と1走の山県。2走の飯塚は「仲間を信じ切って自信を持って走った」。

 そして桐生。「先輩たちを信じて、がむしゃらに走った」。3走は曲がりながらバトンを受け、曲がりながら渡さなければならない。難しい役回りを見事にこなし、加速した。ジャマイカよりも前の位置で、ケンブリッジにバトンをパス。雄たけびをあげた。

 ケンブリッジは「すごい位置で持ってきてくれたので、そのままゴールするだけだった」。

 ライバル関係にありながらも、リレーに向けての合宿では、息を合わせた。バトンの受け渡しに必要なのは、信頼関係だ。「ぼくらは、しゃべらずとも同じ目標に向かっている感じ。信頼感もあって、バトンをミスする想像がつかない」と桐生。「個人としては悔しい五輪だったけど、このメンバーで走れて最高の日になりました」

 レース後、結果をかみしめるように、4人はゆっくりとトラックをまわった。(宮嶋加菜子、佐々木学)

2016年8月21日10時01分 朝日新聞デジタル

 

 

「あとは金」男子400mリレー、銀メダル授与

f:id:obaco:20160821222106j:plain

男子400メートルリレー、表彰台で記念撮影に応じる、金メダルのウサイン・ボルト(右から4人目)らジャマイカチームと、銀メダルの(左から)ケンブリッジ飛鳥、桐生祥秀飯塚翔太山県亮太(20日、ブラジル・リオデジャネイロの五輪スタジアムで)=竹田津敦史撮影

 リオデジャネイロ五輪の陸上男子400メートルリレーで日本勢初の銀メダルを獲得したメンバーが20日、メダル授与式に登場し、100メートル、200メートルとの3冠を飾ったウサイン・ボルト(ジャマイカ)らと表彰台に並び立ち、堂々と胸を張った。

 記者会見で、優勝したジャマイカとの差について、第1走者の山県やまがた亮太(セイコー)が「現段階で勝てるとは思っていない。100メートルなら9秒台、200メートルなら19秒台に入る選手がそろえば、狙える位置にいけると思う」と語り、第2走者の飯塚翔太(ミズノ)は4年後の東京五輪に向け、「北京で銅、今回が銀で、あとは金メダルしか残ってない」と話した。

 第3走者の桐生祥秀よしひで東洋大)は「最強のメンバー」と強調し、アンカーのケンブリッジ飛鳥(ドーム)は「日本に帰ったら4人で馬刺しを食べに行こうと話してる」と、絆の深さを示していた。

2016年08月21日 22時08分 Copyright © The Yomiuri Shimbun