読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

競歩・荒井、残り2キロ攻めて念願のメダル 進路妨害で失格→抗議で覆り「銅」

f:id:obaco:20160820125127j:plain

男子50キロ競歩でカナダのダンフィー(右)と競り合う荒井=共同

 3位でゴールし銅メダルの喜びに浸っていたのもつかの間、荒井から笑顔が消えた。48キロ付近でカナダ選手と接触。その選手がよろめいたことでカナダ側が荒井の妨害行為を指摘、これが通って失格の裁定が下った。

 日本チームの抗議から国際陸連の上訴審判員が協議したところ、結論は「妨害はなし」。“無実”が証明された荒井は仕切り直しのインタビューで「皆さんのおかげで無事に確定しました」と満面の笑みが戻った。

 序盤から入賞圏内でレースを進めた。早々に森岡が遅れ、やがて昨年の世界選手権銅メダルの谷井も上位集団についていけなくなった。2人の30代の脱落で、残るは谷井が「いずれは完全に僕を追い抜いていく存在」と目をかける所属先の後輩、28歳の荒井に全てが託された。

 強い日差しが照りつける中で体は切れ、35キロを過ぎても落ちない。40キロでトップのタレントから4秒差の2位。ただしそこから1つ、カナダ選手に抜かれてまた1つと順位を下げると、4位でメダルを逃した昨年の世界選手権の記憶がよみがえる。

 せっかく来た初めての五輪。「何も仕掛けず終わるのはもったいない」。そう思って再びメダル圏内へ進み入ろうとしたのが、あの48キロ付近。カナダ選手を抜くと相手に追う脚は残っておらず、メダルロードをさっそうと闊歩(かっぽ)した。

 長野・中野実高2年の時、1学年上でリオ五輪20キロ競歩代表の藤沢勇(ALSOK)の活躍に刺激を受け、長距離から競歩に転向した。福井工大では練習環境になじめず、多くの競歩選手を育てた石川・小松短大の内田隆幸監督に弟子入り。2013年の自衛隊入り後に才能が花開いた。

 1936年ベルリン大会で奈良岡良二が男子50キロに挑んでから80年。日本競歩界念願の五輪メダルに「ようやく先輩方が築き上げてきたものを形にすることができた」と荒井。新エースの誕生とともに冬の時代に終止符を打った。(合六謙二)

2016/8/20 12:00 日経新聞

 

 

接触のカナダ選手から「ソーリー」銅の荒井、最後はハグ

f:id:obaco:20160820131033j:plain

男子50キロ競歩で銅メダルを獲得した荒井広宙=諫山卓弥撮影

 異例の騒動の末、一度は逃したメダルが戻ってきた。

 陸上男子50キロ競歩で銅メダルを獲得した荒井広宙(ひろおき、28)は日の丸を肩にかけて報道陣の前に現れた。「お騒がせしました。接触の場面は(体が)きつすぎて覚えていないが、ちょっときつめにあたったかなあ。でも故意ではありません」

 問題となった場面はレース終盤の48キロ付近。3位を歩いていた荒井は、エバン・ダンフィー(カナダ)に抜かれた。すかさず左側から抜き返す時に荒井の右腕がダンフィーの左ひじと接触した。ダンフィーはよろめき、ほどなく急激にペースが落ちた。「進路を妨害した」とのカナダ側の抗議が認められ、一時は荒井の失格が確定。その後、日本陸連国際陸連に上訴し、最終的に荒井の銅メダルが決まった。フィニッシュしてから約4時間半後だった。

  荒井が吉報を聞いたのは、男子50キロ競歩に続いて実施された女子20キロ競歩の最中。コース沿いで日本選手を応援していた。「ああ、よかったなと思っ た。決まるまでは、だめだったらどうしよう、取れたらどうしようと右往左往していた感じ」。接触したダンフィーから「ソーリー」と謝られ、最後はハグして 別れたことも明かした。

2016年8月20日12時46分 朝日新聞デジタル

 

 

荒井、接触のカナダ選手と抱き合う 銅確定「うれしい」

f:id:obaco:20160820071649j:plain

男子50キロ競歩に出場した荒井広宙(中央)=19日、ポンタル周回コース、諫山卓弥撮影

 リオ五輪陸上男子50キロ競歩で、荒井広宙自衛隊)が3位でゴールした後、レース終盤に妨害行為があったとして失格になった問題で、国際陸連は日本の上訴を認め、荒井の銅メダルが確定した。

 日本のメダルは39個となり、史上最多になった。陸上では日本勢今大会初の表彰台で、日本競歩史上初の五輪メダルとなった。

 荒井はレース終盤、3位争いをしていたダンフィー(カナダ)と上半身が接触。ダンフィーはバランスを崩して後退した。

 ログイン前の続きレースの審判長は競技終了後、ダンフィー側の抗議を受け入れ、荒井を失格処分にした。荒井側は、接触は不可抗力だったとして上訴。国際陸連の理事5人が上訴審判員として協議し、訴えを認めた。

 荒井は「全くもって予想外の展開だった。たとえメダルがなくても、3番でゴールしたことには間違いないと思っていたけど、メダルが確定して純粋にうれしい」と話した。

 一連の騒ぎで、競歩会場であるはずだった表彰式は中止。記者会見も1位の選手だけが出席した。荒井によると、レース後にダーフィーから謝罪され、互いに抱き合ったという。「悪いことをしたとは思っていないし、彼が怒っているようには見えなかった。お騒がせしました」と話した。

2016年8月20日05時45分 朝日新聞デジタル

 

競歩・荒井、銅メダル確定 失格から一転
日本側の抗議で裁定覆る

f:id:obaco:20160820072412j:plain

男子50キロ競歩で失格が取り消され、銅メダル獲得が決定。関係者と喜ぶ荒井広宙(中央)=リオデジャネイロ(共同)

 【リオデジャネイロ=合六謙二】リオデジャネイロ五輪の陸上男子50キロ競歩が19日行われ、昨年の世界選手権4位の荒井広宙(自衛隊)がこの競技で日本初のメダルとなる銅メダルを獲得した。3着でゴール後、カナダ選手の歩行を妨害したとして一度は失格になったが、日本側の抗議で裁定が覆った。

 荒井は45キロを過ぎてエバン・ダンフィー(カナダ)に追い越され、抜き返そうとした際に接触、ダンフィーがよろめく場面があった。これを受けてレース後にカナダ側が荒井による妨害行為を主張、レースの審判長が抗議を受け入れて一旦は荒井を失格とする裁定が下った。

 この裁定に今度は日本チームが抗議。国際陸連の複数の上訴審判員が妨害行為の有無についてレースの映像を元に協議した結果、妨害行為は認められず、当初ゴールした順位が最終結果となることが確定した。

 荒井は「悪いことをしたとは思っていなかった。結果として銅メダルを取れて感謝している」と話し、日本の陸上チームの麻場一徳監督は「アンフェアなことをする選手ではない。裁定が覆ったのは当然の結果」と評価した。

2016/8/20 5:08 日経新聞

 

 

荒井、失格判定覆り「銅」…メダル最多39個に

f:id:obaco:20160820045909j:plain

男子50キロ競歩、3位でフィニッシュする荒井広宙=代表撮影

 【リオデジャネイロ=読売取材団】リオデジャネイロ五輪は第15日の19日、陸上男子50キロ競歩で、荒井広宙ひろおき(28)(自衛隊)が3時間41分24秒で、この種目の日本勢初の銅メダルを獲得した。

 荒井は3着でゴールしたが、カナダ選手との接触が妨害行為だったとして、ゴールから約1時間15分後に失格とされた。その後、日本側の抗議で、判定が覆り、銅メダルが確定した。

 日本が獲得したメダル総数は、金12、銀6、銅21の計39個となり、前回ロンドン五輪の38個(金7、銀14、銅17)を上回った。

2016年08月20日 04時22分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
 
 
 
 
 

抜かれ、抜き返した際の接触で失格に 競歩、3着の荒井

f:id:obaco:20160820022106j:plain

男子50キロ競歩に出場した荒井広宙(中央)=諫山卓弥撮影

 19日、炎天下の厳しいレースとなった男子50キロ競歩で昨年の世界選手権4位の荒井広宙(ひろおき)(自衛隊)が3番目でフィニッシュ。しかし、その後、失格になった。終盤のカナダ選手との接触について抗議を受けたことが原因とみられる。

 レースは序盤から2位集団で、常に冷静な荒井の歩みが際立っていた。40キロ付近でロンドン五輪金メダルのタレント(豪)が前へ。昨年の北京世界選手権優勝のトート(スロバキア)との2位争いは、45キロ手前の給水所で離された。48キロ付近では、後ろから迫るダンフィー(カナダ)とのつばぜり合い。いったんは抜かれて4位に落ちたものの、すぐに抜き返した。この時の接触が問題になった。

 五輪初出場での大健闘に荒井は「先輩たちがやってきたことを形にできました」と語ったものの、待ち受けたのは失格処分だった。

 ログイン前の続き日本陸上連盟の強化が本格化したのは、21世紀になってから。2000年までは全国高校総体競歩は行われていなかった。01年から全国高校総体で実施され、普及への期待が高まった矢先、03年のパリ世界選手権で、出場した男子4人中3人が歩型違反で失格になった。

 日本陸連の今村文男競歩部長はその中の1人。原因は、世界と日本の審判の違いにあった。欧米の判断基準を知ろうと、競歩の強いイタリアから指導者を招き、ガラパゴス化しつつあった日本流のフォームの欠点を指摘してもらうため、研修会を何度も開いた。マラソンからも強化のノウハウを学び、海外での高地合宿なども取り入れた。

 08年の北京五輪山崎勇喜が7位に入り、日本勢初の入賞を果たした。昨年には鈴木雄介が20キロ競歩で世界記録を樹立。北京世界選手権で50キロ競歩谷井孝行が銅メダルと、記録と強さの両面で成果が出始めていた。そんな矢先、荒井の3着と好結果が出たかと思われたが、失格処分という事態になった。(増田創至)

2016年8月20日02時12分 朝日新聞デジタル

3着ゴール荒井失格 50キロ競歩 他選手が接触に抗議

f:id:obaco:20160820015404j:plain

男子50キロ競歩で3番目でゴール、笑顔の荒井広宙=19日、ポンタル周回コース、諫山卓弥撮影

 19日に行われた陸上男子50キロ競歩では、荒井広宙自衛隊)が3着でフィニッシュ。しかし、レース終盤にダンフィー(カナダ)に迫られ、一度抜かれた後、抜き返す時に体が接触した。この場面を問題視したカナダ陸連が抗議を申し立てた。これが受け入れられ、荒井は失格となり、ダンフィーが3位に繰り上がることで成績が確定した。

 この決定について、日本陸連国際陸連に上訴した。
2016年8月20日01時49分 朝日新聞デジタル

 

 

3番目でゴールの荒井、「接触」で失格…競歩

 リオデジャネイロ五輪は第15日の19日、陸上の男子50キロ競歩が行われ、荒井広宙ひろおき自衛隊)が3番目でゴールに入ったが、カナダ選手との接触を理由に失格となった。

 谷井孝行(同)が3時間51分00秒で13位、森岡紘一朗富士通)が3時間58分59秒で26位だった。

2016年08月20日 01時28分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
 
 
 
 
 
 

荒井3着も失格、他選手を妨害 男子50キロ競歩

f:id:obaco:20160820000534j:plain

3着でゴールする荒井広宙(リオデジャネイロ)=共同

 【リオデジャネイロ=合六謙二】リオデジャネイロ五輪で陸上の男子50キロ競歩が19日行われ、2015年世界選手権4位の荒井広宙(28、自衛隊)が3時間41分24秒で3着でゴールした。だがその後、他選手を妨害したとして失格となった。

 五輪初出場の荒井は終盤の40キロを先頭のジャレド・タレント(オーストラリア)と4秒差で通過した。その後、タレントが一気にリードを広げた。荒井は同世界選手権覇者のマテイ・トート(スロバキア)と2位争いを続けたが、差を広げられた。45キロを過ぎてエバン・ダンフィー(カナダ)に追い越されたが、再び追い抜いた。

2016/8/19 23:48 (2016/8/20 1:15更新) 日経新聞

 

陸上男子50キロ競歩、荒井が3番目でゴール

f:id:obaco:20160820000023j:plain

競歩男子50キロで銅メダルを獲得した荒井広宙=19日、ポンタル周回コース、諫山卓弥撮影

 リオデジャネイロ五輪は19日、陸上男子50キロ競歩の決勝があり、昨年の世界選手権4位で五輪初出場の荒井広宙(ひろおき、28)=自衛隊=が3時間41分24秒で3番目でゴールした。

2016年8月19日23時53分 朝日新聞デジタル

 

 

 

荒井と接触の4位ダンフィー「結果受け入れる」

 リオデジャネイロ五輪・男子50キロ競歩で荒井の「失格」が覆り、着順が4位に繰り下がったエバン・ダンフィー(カナダ)が声明を発表し、判定結果を受け入れる考えを明らかにした。

 レース後、カナダ陸連のホームページに「接触は競技の一部であり、よく起こること。意図的だとは思わない」などとする文書を掲載した。

 スポーツ仲裁裁判所(CAS)への申し立てなどは行わないと明言。「たとえ抗議が成功しても、そのメダルを誇りには思えない」としたうえで、「今夜はぐっすりと眠れそう。正しい選択をした」と振り返った。一連の動きが世界中で注目を集めたことにも触れ、「競歩がこんなにも多方面から反応を受けるなんて本当にすごいことだ」と述べた。

2016年08月20日 19時13分 Copyright © The Yomiuri Shimbun