読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

「これぞ五輪精神」 転倒後助け合う陸上女子選手に称賛

スポーツ リオ五輪

f:id:obaco:20160817232535j:plain

転倒したダゴスティノ(右)を助けるハンブリン=ロイター

リオデジャネイロ五輪陸上女子5000メートルの16日の予選で転倒した2選手が助け合う姿が、「真のオリンピック精神」「スポーツマンシップを見せた」と報道などでたたえられている。2人は、避けられない事故だったという判断で救済され、19日の決勝に進んだ。

 レース中盤でもつれて転んだ。先に起きたアビー・ダゴスティノ(米国)が「立って。ゴールに向かおう」と声をかけ、泣いていたニッキー・ハンブリン(ニュージーランド)を抱き起こした。

 ところが、足を痛めたダゴスティノが崩れ落ち、今度はハンブリンが手を貸す。2人はゴールした後に抱き合い、ダゴスティノは車いすで引き揚げた。

 AP通信によると、ハンブリンは「彼女こそオリンピック精神の持ち主。面識もなかった私を救ってくれた」と語り、ダゴスティノに敬意を表していた。

2016年8月17日20時30分 朝日新聞デジタル

 

接触の2人、助け合ってゴール…決勝進出の判定

f:id:obaco:20160817232740j:plain

16日の女子5000メートル予選で、ダゴスティノ(右)に手を差し伸べるハンブリン=ロイター

 女子5000メートル予選で転倒し、助け合った2人が特例で決勝へ進んだ。16日の予選で、アビー・ダゴスティノ(米)とニッキー・ハンブリン(ニュージーランド)がレース中盤に接触。

 転倒した際、肩を打って泣くハンブリンを見て、ダゴスティノは先頭を追うのを諦め、「起きて」と励ました。2人で再スタートすると、今度は足を痛めたダゴスティノが倒れ込み、ハンブリンが手を差し伸べた。先にゴールしたハンブリンがダゴスティノのゴールを待ち、抱き合った。

 ハンブリンは「初対面だったけど、五輪精神があった」と振り返り、ダゴスティノも「この瞬間を絶対に忘れない」。ともに予選通過タイムに達していなかったが、しばらくして決勝進出の判定が下された。2人にとっては粋な計らいになった。

2016年08月17日 23時02分 Copyright © The Yomiuri Shimbun