今日のニュース

気になったニュース

奥原が日本勢初の4強 バドミントン女子、日本人対決制す

f:id:obaco:20160817104759j:plain

女子シングルスで準決勝進出を決め歓声に応える奥原希望リオデジャネイロ)=共同

 【リオデジャネイロ=合六謙二】バドミントン女子シングルスの準々決勝が16日行われ、第6シードで21歳の奥原希望日本ユニシス)と19歳の山口茜再春館製薬所)が対戦、奥原が11―21、21―17、21-10で山口を下し、準決勝に進んだ。同種目でのベスト4入りは日本勢で初めて。

 女子ダブルスでは世界ランキング1位の高橋礼華松友美佐紀組(日本ユニシス)が準決勝で韓国ペアに勝ち、銀メダル以上を確定させた。同種目での日本勢の決勝進出は2012年ロンドン五輪に続いて2大会連続。18日の決勝ではリターユヒル、ペデルセン組(デンマーク)と対戦する。

2016/8/17 9:33 日経新聞

 

バドミントン日本勢対決は奥原 男女通じ初の4強

f:id:obaco:20160817104947j:plain

女子シングルスで準決勝進出を決めた奥原希望=長島一浩撮影

 リオデジャネイロ五輪は16日(日本時間17日)、バドミントン女子シングルスの準々決勝が行われ、奥原希望(のぞみ、日本ユニシス)が山口茜(あかね、再春館製薬所)との日本勢対決を制し、男女を通じて日本で初めてシングルスで4強入りを決めた。

 ともに初挑戦の五輪で、1次リーグはそろって2戦2勝で通過。決勝トーナメント1回戦で奥原は同17位の韓国選手を圧倒し、一方の山口は同4位のタイ選手を破って準々決勝に進んでいた。

 準決勝は18日朝(日本時間18日夜)にあり、インド選手と当たる。

2016年8月17日09時52分 朝日新聞デジタル

 

 

奥原が山口下し4強…バドミントン単、日本勢初

f:id:obaco:20160817105125j:plain

女子シングルス準々決勝で、山口茜(手前)と対戦する奥原希望(16日、ブラジル・リオデジャネイロで)=金沢修撮影

 リオデジャネイロ五輪は第12日の16日(日本時間17日)、日本選手同士の対戦となったバドミントン女子シングルスの準々決勝で、世界ランキング6位の奥原希望のぞみ(21)(日本ユニシス)が、同12位の山口茜(19)(再春館製薬所)に2―1(11-21、21-17、21-10)で勝ち、準決勝に進出した。

 五輪のシングルスで日本選手が4強に進出したのは、男女を通じて初めて。第13日の準決勝で、準々決勝で同2位の中国の選手を破った同10位のインドの選手と対戦する。

2016年08月17日 09時33分 Copyright © The Yomiuri Shimbun