読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

武邦彦さん死去 豊騎手の父、「ターフの魔術師」

f:id:obaco:20160812212949j:plain

武邦彦さん

 武邦彦さん(たけ・くにひこ=元競馬騎手、調教師)12日死去、77歳。葬儀は近親者で営む。喪主は妻洋子(ようこ)さん。

 57年、中央競馬で騎手デビュー。通算1163勝を挙げた。73年の菊花賞ではタケホープに騎乗してハイセイコーを鼻差で下し、トウショウボーイで制した76年の有馬記念など多くの名勝負があり、「ターフ(芝)の魔術師」と呼ばれた。豊騎手は三男、幸四郎騎手は四男。

2016年8月12日17時26分 朝日新聞デジタル

 

武邦彦さん死去…騎手の武豊幸四郎兄弟の父

 日本中央競馬会(JRA)の元騎手、元調教師で、JRA騎手の武豊幸四郎兄弟の父でも知られる武邦彦(たけ・くにひこ)さんが12日、滋賀県栗東市内の病院で死去した。

 77歳だった。告別式は近親者らで営まれる。

 1957年に騎手デビュー。JRA通算1163勝を挙げ、三男の豊騎手と共にJRA唯一の親子1000勝騎手となった。武豊騎手は「ホースマンとしても、父親としても、大変尊敬できる偉大な人でした。今の私があるのも父親のおかげ。まだまだ見守っていてほしかったので、本当に残念です」との談話を発表した。

2016年08月12日 18時50分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
 
 
 
 
 

元騎手・武邦彦氏死去 豊氏の父、ターフの魔術師

f:id:obaco:20160812213859j:plain

 日本中央競馬会(JRA)の武豊武幸四郎両騎手の父で、元騎手の武邦彦(たけ・くにひこ)氏が12日午前1時26分、滋賀県栗東市内の病院で死去した。77歳だった。連絡先はJRA関西広報室。告別式は近親者のみで行う。喪主は妻、洋子さん。

 1957年3月に騎手デビューし、同年5月に初勝利。ロングエースに騎乗して勝利した72年の日本ダービートウショウボーイとのコンビで優勝した76年の有馬記念など重賞で80勝を挙げた。80年に関西所属の騎手として初の1000勝を達成。鮮やかな手綱さばきから「ターフの魔術師」と呼ばれた。

 85年の引退までに1163勝。その後調教師となり、2009年の定年までに375勝を挙げた。

 2016/8/12 20:59 日経新聞