読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

千代の富士葬儀に1千人 原辰徳さん「我々世代の英雄」

f:id:obaco:20160807194835j:plain

国技館に別れを告げる元横綱千代の富士(先代九重親方)の棺を乗せた車=7日午後2時14分、東京都墨田区、恵原弘太郎撮影

 先月31日に61歳で亡くなった元横綱千代の富士(先代九重親方)の秋元貢(みつぐ)さんの葬儀が7日、東京都墨田区九重部屋であり、相撲関係者やファンら1千人以上が訪れ、大横綱の早すぎる死を悼んだ。

 親交のあったプロ野球原辰徳・前巨人監督は「我々の世代では英雄であり大ヒーローだった」。日本レスリング協会栄和人・強化本部長は、約1カ月前のリオ五輪に向けた壮行会にビデオメッセージを寄せてくれたことを明かしつつ、「吉田(沙保里)とは親方のためにもさらに頑張ろうと話した」という。棺(ひつぎ)をのせた車は同区の国技館のそばを通り、別れを告げた。

 10月1日には国技館で、九重部屋後援会主催のお別れの会が開かれる。

2016年8月7日17時59分 朝日新聞デジタル

 

横綱千代の富士の通夜に2千人…各界著名人も

f:id:obaco:20160806212141j:plain

花が掛けられた横綱千代の富士の像の脇に並ぶ、通夜に参列する人たち(6日午後、東京都墨田区で)=片岡航希撮影

 7月31日に膵臓すいぞうがんのため、61歳で死去した大相撲の元横綱千代の富士の前九重親方(本名・秋元貢)の通夜が6日、東京都墨田区九重部屋で行われ、約2000人が別れを惜しんだ。

 弟弟子に当たる八角理事長(元横綱北勝海)ら相撲界の関係者だけでなく、ボクシングの具志堅用高さんや歌手の松山千春さんら多くの著名人が弔問に訪れた。具志堅さんは「同い年で現役時代から、よく遊んだ。もっと遊びたかった」と悔やんだ。部屋を受け継いだ九重親方(元大関千代大海)は「天から見守ってくださいと声をかけた。さみしいし、悔しい」と語った。

2016年08月06日 20時49分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

さらば千代の富士 先代九重親方の通夜に2千人参列

f:id:obaco:20160806215046j:plain

横綱千代の富士の秋元貢さんの通夜で、報道陣の取材に応じる娘の秋元梢さん=6日午後7時47分、東京都墨田区、関田航撮影

 先月31日に61歳で死去した元横綱千代の富士の先代九重親方(本名秋元貢さん)の通夜が6日、東京都墨田区九重部屋でしめやかに営まれた。

 1階のけいこ場に祭壇を作り、日本相撲協会八角理事長(元横綱北勝海)、横綱鶴竜、元関脇高見山渡辺大五郎さん、元大関のKONISHIKIさんら相撲関係者のほか、生前に親交のあった元プロレスラーのアントニオ猪木さん、俳優の石田純一さんら約2千人が参列。それ以外に一般のファンも多数訪れた。

 同じ北海道出身で、生まれた年も同じ1955年の歌手、松山千春さんは「早すぎる。ご冥福はお祈りしません。あいつは日本の宝。『もう一度、立ち上がってこい』と声をかけた」と話した。

 7日に告別式。九重部屋後援会が主催するお別れの会が10月1日に東京・国技館で行われる。

2016年8月6日21時23分 朝日新聞デジタル