今日のニュース

気になったニュース

野球ソフトなど5競技、東京五輪で採用決定

f:id:obaco:20160804063050j:plain

追加種目決定後の記者会見を終え、席を立つ東京五輪組織委の森会長(左)(3日、リオデジャネイロ)=写真 玉井良幸

 【リオデジャネイロ=山口大介】国際オリンピック委員会(IOC)は3日、リオデジャネイロで総会を開き、2020年東京五輪組織委員会から提案された追加種目として野球・ソフトボールや空手など5競技18種目の実施を承認した。野球・ソフトは08年北京以来3大会ぶりに五輪に復活する。

 野球・ソフトと空手以外に実施されるのはサーフィン、スポーツクライミングスケートボード。空手を含めた4競技は初の五輪採用となる。総会ではIOC委員の挙手による投票の結果、満場一致で東京が希望していた全種目の採用が決まった。

 開催都市による追加種目の提案権は、14年12月に決まったIOCの中長期改革「五輪アジェンダ2020」に盛り込まれたもので、その大会に限り実施される。

2016/8/4 4:51 日経新聞

 

野球とソフトが東京五輪で復帰

f:id:obaco:20160804062720j:plain

京五輪の追加種目を審議するIOC総会でバッハ会長に紹介され、手を挙げて応える大会組織委の森喜朗会長(左端)=3日、リオデジャネイロ(共同)

 【リオデジャネイロ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は3日、リオデジャネイロで開いた総会で、2020年東京五輪の追加種目として大会組織委員会が提案した5競技18種目を一括承認した。国民的人気を誇る野球はソフトボールと統合した1競技として、08年北京五輪以来、3大会ぶりの復帰が正式決定した。

 空手、スケートボードスポーツクライミングサーフィンの実施も決まり、いずれも五輪初採用。IOC委員が挙手で採決し、満場一致で決まった。開催都市提案の種目が五輪で行われるのは史上初。IOCのバッハ会長は「五輪プログラムの革新という意味では画期的な出来事」と述べた。(共同)

2016年8月4日05時47分 朝日新聞デジタル

 

 

東京五輪に野球・ソフトボールなど5競技追加

f:id:obaco:20160804063347j:plain

IOC総会で2020年東京五輪での5競技18種目の追加が決まり、IOCのバッハ会長(左から2人目)と握手する東京五輪パラリンピック組織委員会の森会長(3日、ブラジル・リオデジャネイロで)=金沢修撮影

 リオデジャネイロで開催中の国際オリンピック委員会(IOC)総会で3日、2020年東京五輪の大会組織委員会が提案していた野球・ソフトボールや空手など5競技18種目の追加が、原案通りに全会一致で可決された。

 他の3競技は以下の通り。スポーツクライミング、ローラースポーツ(スケートボード)、サーフィン。

2016年08月04日 04時51分 Copyright © The Yomiuri Shimbun