読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

朝日新聞への賠償請求棄却=「慰安婦報道で名誉毀損」認めず-東京地裁

社会 裁判

 朝日新聞社従軍慰安婦報道によって日本国民としての人格権や名誉権を傷つけられたとして約2万5000人が同社に謝罪広告掲載と1人1万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(脇博人裁判長)は28日、「原告個人の名誉が毀損(きそん)されたとは言えない」として請求を棄却した。
 原告側は、朝日新聞が1982~94年に掲載した13本の記事について、「『旧日本軍はアジア各地で多くの女性を強制連行し性奴隷とした』との汚名を着せ、日本国民の国際的評価を著しく低下させた」と訴えていた。
 脇裁判長は「報道により、日本政府に対する批判的評価が生じることがあるとしても、個人の人格権を侵害するとは言えない」と述べた。

時事通信 (2016/07/28-16:51)

 

朝日新聞慰安婦報道巡る訴訟、原告の請求棄却

 朝日新聞社のいわゆる従軍慰安婦問題の報道で「日本の国際的評価が低下し、国民の名誉を傷つけられた」として、渡部昇一上智大名誉教授やジャーナリストら2万5722人が、同社に1人1万円の慰謝料と謝罪広告の掲載を求めた訴訟で、東京地裁(脇博人裁判長)は28日、請求を棄却する判決を言い渡した。
2016年07月28日 15時26分 Copyright © The Yomiuri Shimbun